東国原氏「松金さんの広告塔にされた」

2013年01月13日 10時00分

<東国原英夫衆院議員独占インタビュー(1)>

 東国原英夫衆院議員(55=日本維新の会)が本紙のインタビューに応じ、衝撃の事実を明かした。ペニーオークション詐欺騒動で芸能人への仲介役を果たしたとされるタレントの松金ようこ(30)に、何と知らぬ間に“広告塔”にされていたというのだ。また“新エロスの女王”壇蜜(32)にテレビの収録現場で迫られたエピソードから、お気に入りの美人議員の名前。そして「極楽とんぼ」山本圭一(44)へのエールなど、今年国会での活躍が期待される東国原氏の本音トークをお送りする。

 ――お正月はどこで

 東国原氏:年末年始は東京、宮崎、大阪であいさつ回り。元日は宮崎。氏子の神社である都城市の神柱神社に。

 ――参拝客から光った頭を拝まれた

 東国原氏:握手はあった。県知事時代は頭に向かって拝まれたりしたけど、もうご威光もなくなった(笑い)。

 ――昨年は芸能人が加担したペニーオークション詐欺騒動があった

 東国原氏:ほしのあきさん(35)や松金ようこさんたちね。知事時代にシャレで「松金さんが好き」と言ったら、松金さんが表敬に来た。そしたら「今度、新しい写真集が出たんです。ご進呈に上がりました」と。2人で写真集を持った写真を撮られて、アサヒ芸能に「東国原知事。絶賛の写真集」って書かれた。この写真集のように、知らず知らずのうちに広告塔になってるから気をつけないと。ネットオークションといえば、私のところにクレームが来てる。

 ――どういうことか

 東国原氏:「そのまんま百貨店」というネットオークションがあって、トラブってる。県知事時代に宮崎産のものを売ってる会社が持ってきた事業計画を読んで「ロイヤルティーもいらない。どうぞご自由に」と言った。そしたら商品が悪かったり、電話対応が不誠実だったりするらしい。

 ――どうする

 東国原氏:「宮崎県知事奨励」と書いてるから、クレームはこちらに直接来る。トラブったら弁護士さんを呼んで法的対応するつもりです。

 

【独占インタビュー(2)】壇蜜の“ラブコール”はこらえた