不気味?小沢氏の「ほのぼのツイッター」

2013年01月11日 11時00分

 かつての剛腕がツイッターを始める!? 民主党は7日、今年最初の役員会を党本部で開き、夏の参院選を見据えた野党共闘の構築に向け、28日召集が想定される通常国会前の幹事長会談開催を呼び掛ける方針を決めた。ただ、小沢一郎元民主党代表(70)が主導する「生活の党」との協力については社会保障と税の一体改革をめぐる考え方の違いや、民主党分裂の経緯などから、呼びかけしないという。政界で孤立しかけている小沢氏の秘策とは、マスコミへの徹底抗戦のようだが…。

 生活の党は、年始からマスコミ報道に過敏になっている。

「事実でない報道には撤回を求めていく」と徹底抗戦する方針だ。

 森裕子代表(56)は先日、ツイッターでテレビ朝日の報道内容に対して「事実に基づかない報道に抗議し、訂正と謝罪を求めます」。嘉田由紀子滋賀県知事(62)が代表を辞めることを伝える記事の中で「小沢氏らに党を乗っ取られた」との表現を問題視したのだ。その結果なのか、テレ朝のHPからは「乗っ取り」の表現が消されている。

 森氏が報道に過敏になるのには理由がある。マスコミを訴えない傾向にあった旧田中派出身の小沢氏は、どんな報道についても、記者会見以外では文句を言うことがなかった。「だから書きたい放題にやられた」という被害者意識がまん延していたのだ。

 とはいえ、今後も何でもかんでも抗議をするとなれば「もう小沢氏のニュースを取り上げるのはやめよう」とマスコミの“小沢離れ”につながるのは明白。そうなれば党にとっては今夏の参院選を前に露出が減って痛手だ。

 それを見越してか、小沢事務所は今年に入り、ツイッターのつぶやき頻度を増し情報発信に努めている。新年会の様子を写真付きで紹介することから始まり「できる限り、事務所、小沢代議士の近況をお伝えしていきたい」と連日、更新されている。

 小沢ガールズでツイッターのヘビーユーザーで知られる三宅雪子前衆院議員(47)が使用を進言していたのに応えた形で、小沢氏が自宅で飼っている愛犬やカナリアの写真を掲載しているほか、岩手の自宅を初公開するなど、政治とは無縁のほのぼのとした内容が続いている。

 小沢氏の“こわもて”や“闇将軍”のイメージを払拭しようとしているのは明らか。小沢氏周辺はようやくのツイッター解禁に喜色満面だが、ネット上ではその内容から不気味がられる反応も出る始末だ。