自民離党中川氏 自殺未遂情報を追う

2017年04月22日 17時00分

行方をくらましてしまった中川氏

 女性問題を理由に経済産業政務官を辞任し、21日には自民党に離党届を出した中川俊直衆院議員(46)に永田町で一時、自殺未遂説が流れ、政治担当記者たちを慌てさせた。スキャンダル発覚後、謝罪・釈明会見すべきとの声も無視し続けている中川氏が「手首を切って、病院に運ばれた」というショッキングな情報が駆け巡ったのだ。辞任以後、姿をくらましてしまった中川氏の行方は――。

 週刊新潮で報じられた愛人女性との重婚ウエディングやストーカー騒動、さらに21日発売のフライデーでは、3月にも報じられた前川恵衆院議員(41)との“密会”が再び報じられるなど、“花の3世議員”からすっかり“不倫男”で、悪名をとどろかせてしまった中川氏。

 18日に政務官を辞任後、フェイスブックで2度にわたって、反省の弁と刑事事件には関与していないと釈明した一方、表舞台には出てきていない。報道陣は中川氏を捜しているが、一向にその行方は分からないままだった。

 離党届を提出した21日には本人が会見を開くとの観測も流れたが、午後に開かれた本会議にも姿を見せることはなかった。

 すると「中川氏が都内のホテルで手首を切って、自殺を図ったらしい」「命に別条はないが、病院に運ばれた」との真偽不明の情報が飛び交い、永田町は騒然となった。本紙取材班もホテルに急行したが、警察、消防が出動した形跡はなかった。

「どうやら自殺未遂はガセで、自暴自棄になって、お酒を飲み、『議員を辞めたくない』と暴れたとの話です。病院に連れて行かれたが、入院するほどの話ではなかったようで、自殺未遂と尾ひれはひれが付いたようです」(永田町関係者)

 一方で、「離党直後に入院し、ほとぼりが冷めるのを待つのは、不祥事を起こした議員のお約束。騒動は狂言で、会見がイヤで入院するための口実にしたのでは」とまでささやかれた。

 国会では野党側から「辞任理由を説明すべき」と20、21日の両院の経産委員会で中川氏の出席を求められたが、本人が現れることはなく、審議取りやめになるなど空転し、与党内からも中川氏への批判が相次いだ。

 また21日朝にはフジテレビ「とくダネ!」が中川氏の妻・悦子夫人を独占直撃した様子を放送していた。夫人は15日に中川氏から週刊誌報道されることの説明を電話で受けたというが、現在の行方については「逃げるような人じゃない」「私が会いたいと言っても会えない。おわびさせていただける場があれば、地元(広島)ですけどおわびさせていただきたい」「主人を信じたい」と憔悴しきった顔で話した。

「妻が対応しているのに中川氏本人が出てこないのはあまりにひきょうですが、さらに追い詰められた可能性はある。万が一の事態にならないか、心配されています」(議員秘書)

 気になる中川氏の現状について、事情を知る関係者は「病院にいたのは事実で、本人は錯乱状態のようです。今は父親(中川秀直元官房長官)が付きっきりで、様子を見ているようです」と話す。真偽を確認すべく中川氏の事務所に確認したが、電話に出ることはなかった。「議員辞職すべき!」の声も高まるなか、本人の口から説明される機会はあるのだろうか。