オナニーに罰金!テキサス女性議員の法案が波紋

2017年03月16日 07時30分

 米テキサス州の女性議員が提出した「オナニー1回につき100ドル(約1万1500円)の罰金を科す」法案が物議を醸している。男性から支持を得るのは困難とみられる法案の狙いは?

 先週、仰天法案を提出したのは、テキサス州議会の民主党、ジェシカ・ファーラー下院議員(50)。

「男性の精液は妊娠させるために使用されるものであって、それ以外の目的はムダ」と、いわば「妊娠目的以外では禁欲せよ」とオナニーを罰金の対象に指定。また、男性の性欲は病院が管理すべきとし、パイプカットやバイアグラを求めた場合、病院側は医学的には不要のMRIや大腸検査などを課し、24時間の待機を必要とさせる内容だ。

 もともとキリスト教の一部宗派では、中絶=殺人行為とみなされ、米では1973年に中絶を認めた「ロー対ウェイド事件」の判決以降もいまだ賛否の議論が二分している。

 保守的な共和党は中絶反対、リベラルな民主党は中絶容認のスタンスで、共和党のトランプ大統領(70)は、就任直後に中絶を支援するNGOへの助成を禁じる大統領令に署名している。今後、さらなる規制強化に踏み切るともみられている。

 テキサス州は米国の中でも中絶の規制が厳しく、ファーラー議員は「中絶を巡って、女性が受けている行き過ぎた行為(検査)や苦しみを男性も知るべき」とMRI検査や大腸検査などを盛り込んだのもそのためだ。

 この法案は米のみならず、世界中で波紋を呼び、男性からは「全く男の生態を分かっていない!」「禁止されたら1日いくら罰金を払うことになるんだ」と非難とも悲鳴ともいえる声が殺到した。

 米メディアは「国民の半分が賛成しない法案だ!」とカンカンガクガク。法案が成立することはなさそうで、ファーラー議員も中絶規制への皮肉を込めた世論喚起で、トランプ政権へのアンチテーゼともいえるが、思わぬ提案に一瞬でも男性が震え上がったことは間違いないようだ。