全米で拡大中の反トランプデモ仕掛け人は20代・韓国人女性

2016年11月19日 12時00分

全米で拡大中の反トランプデモ(ロイター)

 ドナルド・トランプ次期大統領への抗議デモが全米に拡大するなか、「USAトゥデー」紙が「デモにプロ活動家が関与している」と指摘した。

 

 その“首謀者”として名前を挙げたのが、環境活動家で20代の韓国人女性チョ・ヨンジョン氏。環境NGO団体「350 Action」のメンバーで「脱石炭」「脱原発」を掲げ、表向きは環境問題に取り組んでいるが“正体”はプロのデモ活動家だという。

 

 今年、「ウィキリークス」が民主党ヒラリー・クリントン氏(69)陣営のメールを暴露した際にも、選挙対策責任者のメールの中にヨンジョン氏が登場。要注意人物として扱われていた。

 

 今回もこのヨンジョン氏が、ペンシルベニア州にあるトランプ氏のホテル前でデモを率いた。デモ参加者のために移動のバスなどを手配していたこともわかっている。

 

 だが、なぜ韓国人が反トランプデモをたきつける必要があるのか?

 

 韓国事情に詳しいライターは「表向きは石炭エネルギーへの回帰をにおわせるトランプ氏への抗議ですが、韓国にとって都合が悪いのは、やはり移民の問題です」と話す。

 

 韓国最大の“裏輸出産業”として売春婦が挙げられる。日本国内でも路上で客引きする韓国人女性を見かけるが、それは米国でも同じ。下は10代、上は70代の“おばあちゃん”まで、収入を得るために韓国から“輸出”されている。

 

「米国では『売春目的で働く外国人女性の4人に1人が韓国人』といわれる。トランプ政権下になれば、そうした人たちも不法移民とみなされ、強制送還される可能性がある。これをやられて困るのが韓国政府。毎年9月に『売春させろ!』とデモが起きるような国ですからね。海外売春や地下売春までできなくなれば関連する韓国人の不満は爆発するでしょう」と前出のライターは指摘している。