大混乱なかった126万人の朴大統領「退陣デモ」に“仕掛け人”がいた

2016年11月16日 07時30分

 韓国・ソウルの光化門広場などで12日に行われた朴槿恵大統領(64)の退陣を求めるデモはソウル市の推計で126万人以上もの参加者が集まる空前絶後の規模となった。これだけの人が集まりながらも死傷者ゼロで、平和裏に行われたのには、“仕掛け人”がいた。

 大規模デモで問題となるのは、トイレやゴミ問題だ。「コーヒーも飲まずに店内のトイレだけ利用するデモ参加者が続出した」という飲食店の嘆きや、ゴミも散乱したが、デモ後には片付けが行われたという。

 またトイレは大行列となったが、立ちションや野グソをする不届き者の話は特段、報告されなかった。

 デモ隊56人と警察官8人がもみ合いなどでケガをしたが、重傷者はなし。また強制排除に抵抗した23人が連行されたものの大混乱には至らなかった。

 実はこのデモ、“ソウル市全面協力”といえなくもない官製デモだったのだ。

 ソウル市長の朴元淳氏(60)は革新系として知られる社会運動家出身の弁護士で野党「共に民主党」の次期大統領候補と目される人物なのだ。

 ソウル市は事前に仮設トイレを設置し、「広場周辺のトイレ地図」まで作成しデモ参加者に配付。

 この地図はトイレが使える時間まで丁寧に書かれたもので、駅のトイレも開放された。

 地下鉄5号線では混雑緩和の対策で本数を増やし、終電時間も延長された。

 さらにはデモ会場最寄りの光化門駅では「キャンドルの光で明るくなっている光化門駅です。お降りの方はお体に気をつけて大韓民国のために尽力してくださるようお願いいたします」とアナウンスされたとSNS上で話題になった。

 また、昨年の反政府デモでは高圧放水で参加者に重傷者が出たことから、ソウル市長は警察に水の供給を拒否。警察との衝突で市民が暴徒化することがないよう徹底的にデモをコントロールした印象だ。

 デモ参加者は主催者発表で約100万人、警察発表は約26万人だったが、ソウル市はその後、126万人と“盛った”背景にも、大規模デモを統制した手腕をアピールする狙いがあったのかもしれない!?