犯行主要メンバーが執行猶予判決…「東大集団わいせつ事件」の怪決着

2016年10月26日 16時00分

 東大集団わいせつ事件で、強制わいせつと暴行の罪に問われた院生・松本昂樹(こうき)被告(23)の判決公判が25日、東京地裁であり、懲役1年10月、執行猶予3年(求刑懲役2年)が言い渡された。
 
 ヤリ目的のダミーサークル「誕生日研究会」の飲み会に今年5月、女子大生Aさん(21=当時)を誘ったのが松本被告。同月11日深夜、共犯の学生K(22)宅ワンルームマンション(東京・巣鴨)で行われた2次会が犯行の舞台だった。

 松本被告とAさんは一時セフレ関係だった。その上で同被告は、ほか4人の学生と院生で結成したこのヤリサー飲み会に彼女を呼んだ。裁判官はこの点を「被害者から好意を寄せられていることを知りながら飲み会に誘い、無理やり酒を飲ませ、飲むようにあおり、自ら被害者を脱がせその背中を叩くなど重要な役割を果たした。被害者の人格を軽んじており、責任は共犯の中でも重い」と断罪した。

 前回公判では、高校・大学時代のハンドボール部の先輩で、金融系記事を提供する会社の代表取締役が、松本被告を雇い入れたと明かしている。その先輩は、飲みなどプライベートの面でも同被告を厳しく監督していくと誓った。そんなサポートが見込めること、また前科ナシということが考慮され、執行猶予がついたようだ。

 主犯の学生M(22)と前出Kも先月、執行猶予判決を受け、すでに刑が確定。あと2人、院生が逮捕されたが不起訴となった。うち、自民党大物議員の親戚と報じられた院生は、Aさんについて「よく飲むし、松本とセックスしたことがあるし、すぐ脱ぐ。被害者が狙われるのは当然」と供述している。また事件前の今年4月、松本被告が「××を呼んでAV撮影しよう」と言いだし、K宅で女性を酔わせセックスしたことも、一連の公判で明らかに…。

 判決が出揃い、東大は松本被告らを処分するとみられるが、その内容について大学側は「発表の予定はない」としている。