安倍首相“百合子グリーン”に染まる「体の底から緑になっている」

2016年10月16日 19時00分

若狭勝候補(右)応援演説に駆けつけた小池百合子都知事(左)と安倍晋三内閣総理大臣

 安倍晋三首相(62)と小池百合子東京都知事(64)が16日、東京10区補選(23日投開票)に出馬する自民党の若狭勝氏(59)の応援のため、JR池袋駅前でマイクを握った。

 

 都知事選で“百合子グリーン”をイメージカラーとして使い、すっかりおなじみとなった戦闘服である緑のジャケットに身を包んだ小池知事。「総理のネクタイも緑です」と安倍首相も百合子グリーンに染まったと紹介した。

 

 安倍首相は「緑のネクタイをしてきた。2杯の青汁を飲んで、体の底から緑になっている」と猛アピール。都知事選で小池知事と自民党は分裂することになったが、今となっては両者は連携を深めている。

 

 安倍首相が「都民の意思が示された以上、協力してやるのは当然のこと。オリンピック・パラリンピックを成功させるため一層、協力していく。その象徴が若狭氏です」と主張すれば、小池知事も「連携するところは連携する精神で進む。オリンピック・パラリンピックの成功に向かって頑張っていく」と言い切った。

 

 この選挙区には民進党から鈴木庸介氏(40)、幸福実現党から吉井利光氏(34)も出馬している。