安倍首相にかみついた石破氏 小池都知事と緊急合体も

2016年10月04日 07時00分

政局の中心は小池氏

 石破茂前地方創生担当相(59)が安倍政権にかみついている。石破氏は1日の講演で、安倍晋三首相(62)が12月に山口県でロシアのプーチン大統領(63)と会談することを念頭に、「4島一括返還が望ましい」と北方領土の2島先行返還論をけん制した。ポスト安倍と呼ばれながらもなかなか次の一手が打てなかった石破氏だが、小池旋風が再浮上のきっかけになりそうだ。

 政府関係者は「12月の会談では北方領土問題が話し合われます。この結果次第では1月(の通常国会で)冒頭解散もあり得る。安倍首相としては歯舞、色丹の2島返還と、残りの国後、択捉は引き続き交渉していくと確約を得たいはず。そこがクリアになれば外交面で大きな成果になります」と話した。

 安倍首相は2島返還で波に乗り、解散総選挙でさらなる長期政権を狙う。党では総裁任期延長論が話し合われており、安倍政権はますます盤石になりそう。石破氏の発言にはそんな安倍首相の思惑を潰したい意図が見え隠れする。

 このままでは石破氏のチャンスはいつまでたっても回ってこない。「党内では石破氏は“終わった人”と思われています。勝負に出なきゃいけないときに出なかった過去があるので評価を落としたのです。今、安倍政権にとって懸念は“小池新党”の行方です。都政にとどまるならともかく、国政にどれだけ影響が出るかが読めないのです」(前出の政府関係者)

 小池百合子東京都知事(64)は今や飛ぶ鳥を落とす勢い。誰もが気にかける存在であり、石破氏も例外ではない。

 石破氏も小池旋風にあやかりたいはずで、実は2人の合体はすぐにも実現する。

 23日投開票の衆院東京10区補選だ。小池氏の後継者となった若狭勝衆院議員(59)は石破派に所属しており、石破氏は「私もできる限りお手伝いをする。やるなら圧勝することが大事だ」と若狭氏を激励していた。

 選挙中は石破氏と小池氏が1つの選挙カーに乗って応援演説をすることが予想される。永田町関係者は「2人とも森喜朗・東京五輪組織委員会会長に嫌われています。対森会長で気勢を上げる小池氏に便乗する形で、石破氏がポスト安倍に再浮上するきっかけになるかもしれません」と指摘した。

 ところが、大きな問題がある。自民党衆院議員は「小池氏は普段はいい人なのですが、少し冷たいところもある。エレベーターでほかの議員があいさつしてきているのに無視することもありました。自分にとって損か得かを判断しているんですね」と国会議員時代の小池氏の印象を語った。

 絶好調の小池氏にとって、果たして今の石破氏はおめがねにかなう人物なのか。やはり政局の中心は小池氏だ。