安倍首相 応援演説の「帰れ」コールに反撃「妨害ばかりなんて恥ずかしくないのか」

2016年07月04日 17時00分

汗だくの安倍首相(右)がやじに応酬

 自民党の安倍晋三首相(61)が3日、応援演説で「帰れ」コールを浴びせる一団に反撃に出た。これまで安倍首相の演説会場には反安倍のプラカードを持つ集団が現れ、やじを飛ばすことがあり、首相周辺は気をもんでいた。しかし、この日の安倍首相は「妨害ばかりなんて恥ずかしくないのか」と、むしろ“口”撃していくスタイルを鮮明にした。

 炎天下の渋谷・ハチ公前は人でごった返していた。日曜の夕方というだけが理由ではない。安倍首相目当てにたくさんの人が集まったのだ。「安倍首相が来るってよ」と政治に関心のなさそうな若者までもが足を止める。まだ安倍人気はあるらしい。

 一方で懸念材料もあった。選挙戦が始まる前の6月19日、東京・吉祥寺で安倍首相の演説が行われた際、「帰れ」コールが起きたのだ。安倍首相は「こういうことはやめましょうね」と引きつった笑顔で反応したという。与党関係者は「首相が帰れコールを浴びるなんて、絶対に避けないといけないこと。やじを避けるために一部の演説を回避したとささやかれたりもしましたが、とにかくマイナスイメージにしかならない」と嘆く。

 少し遅れて来た安倍首相は汗だくになりながら、いつになく早口でまくし立てた。「観光も日本の成長の柱となった。もっとお金を落としてもらうために規制緩和をした。これで社会保障の財源を確保していく」。こう話す当人に向かって「戦争反対!」と叫ぶ集団がどこからともなく現れた。

 年配の男女からなる20~30人の集団で、「アベ政治を許さない」と書かれた特製のうちわを掲げていた。安倍首相の正面に陣取ると「帰れコール」などのやじを始めた。

「安倍内閣退陣」と書かれたプラカードが目に入ったからか、ただでさえ早口だった安倍首相はますますヒートアップ。「批判ばっかりしている人たちがいますが、たまには自分で主張してほしい。妨害ばかりは恥ずかしい。この演説を邪魔ばかりしている。こういう人たちに負けるわけにはいかない!」

 通常、この手のやじは無視するものだが、安倍首相はむしろあおった。集まった聴衆も拍手で援護し、批判の声はかき消された。

 民進党関係者は「これが一国の首相かと思うと情けない。国会でもそうじゃないですか。野党の質問に対して、『日教組! 日教組!』ってみっともない。こうやって言い返していくのはよくないですよ」と憤る。

 反撃によって安倍首相はやじを飛ばす人たちを明確に“敵”認定し、支持者らは拍手で応えた。支持者固めという意味では参院選にはプラスかもしれないが、長期的に見てどうなるか。