【都知事選】風俗業界が“櫻井パパ”にラブコール

2016年06月30日 06時00分

熱視線が注がれる桜井氏

 7月10日の参院選に向けた選挙戦の裏で29日、舛添要一氏(67)の辞職に伴う東京都知事選(7月14日告示、同31日投開票)をめぐる動きが起こった。自民党の小池百合子元防衛相(63)が、同党都連側との調整を経ずに出馬宣言。自民党はアイドルグループ「嵐」の櫻井翔(34)の父親で総務省事務次官を務めた桜井俊氏(62)の出馬を望んでおり、小池氏の表明の影響が注目される。元副都知事の竹花豊・東京ビッグサイト社長(67)も自公の支持があれば出馬を検討する意向。そんななか風俗業界からは“櫻井パパ”へのラブコールが巻き起こっている。


 自民党都連が桜井氏を軸に候補者を数人に絞り込んだタイミングで、想定外の声が上がった。小池氏がこの日、都内で記者会見し、都知事選について「出馬の決意を固めた」と述べたのだ。
 もともと候補者の1人ではあった小池氏だが、党内調整は済んでいないというフライング宣言。本人は「都連に支援をお願いしたい」と言い、自民党の支援を得られない場合は「状況を見極めていきたい」とした。

 自民党都連は早ければ週内にも擁立する候補者を正式に決める方針。同党では官僚出身で行政経験が豊富な桜井氏を推す声が高まっていた。桜井氏は、これまでの取材に対して「出るつもりはない」と話しており、突然の小池宣言の影響が注目される。党内では都連会長の石原伸晃経済再生担当相(59)や丸川珠代環境相(45)ら国会議員らの名前も挙がっていた。

 そして自ら意欲を示した竹花氏は、石原慎太郎元知事(83)の都政下で副知事を務めた。自民党と公明党の支持が得られるなら出馬へ。確かに2人続けて政治とカネで辞任しており、地味でも堅実な人物が求められている。竹花氏はもともと警察庁の官僚。櫻井パパと同じで着実に仕事をこなしそうではある。

 しかし、竹花氏については「絶対にやめて!」と悲鳴を上げている業界がある。風俗業界だ。というのも、同氏は副知事時代に歌舞伎町浄化作戦の指揮を執った人物だからだ。

 風俗情報誌「俺の旅」(ミリオン出版)の生駒明編集長は「困りますよ! 2002年の日韓W杯で取り締まりが始まり、04年の浄化作戦では一斉摘発が行われました。山ほどあった風俗店ですが、老舗の店舗型風俗だけが残っただけです」と、恨み骨髄に徹すといった様子だ。

 生駒氏は思い出をたどりながら、悔しそうに続ける。

「当時の歌舞伎町には多様なお店がありました。透明なアクリル板でできた和式便器に女の子がまたがって、客が下から見上げる店とか、ジャングルイメクラといって、店内がジャングルになっているお店とか。面白かったなあ。これらの店も浄化作戦でなくなってしまいました」

 自民党は国会議員はなるべく避けようという考えで、“息子の七光り”で人気のある桜井氏を本命視している。参院選が終わればすぐに都知事選となるだけに、できるだけ早く候補者を決めなければならない。桜井氏がOKを出さなかったら、時間と選択肢が限られる自民党は竹花氏か小池氏を推すかもしれない。そうなったらどうなるか。

 今、東京で風俗街といったら歌舞伎町ではなく池袋だという。「池袋にデリヘルやホテヘルがたくさんあります。埼玉からのアクセスがよく、女の子が集まりやすいのも理由です」(同)。池袋までも浄化作戦でやられてしまっては悪夢だ。女性の小池氏も、風俗に寛大であるかどうかはまだ分からない。

 やはり庶民の気持ちが分かる人に都知事をやってほしい。生駒氏は「櫻井パパに早く決めてほしいか? そりゃそうです。庶民的な感じがあっていいじゃないですか」と期待感を示す。桜井氏は息子の芸能界入りに最初は反対したというが、今では嵐のコンサートに行くまでに。このように娯楽産業への理解はある。もちろん風俗だって娯楽の一つだ。

 庶民にとって歓楽街は息抜きの場。なくすなんてとんでもない。