【金銭スキャンダル】甘利大臣「電撃辞任」の深層

2016年01月30日 07時00分

 最悪の事態を回避するためか…。週刊文春に金銭スキャンダルを報じられた甘利明経済再生担当相(66)が28日に辞任した背景に、“あのトラウマ”があるという。安倍晋三首相(61)はこれまで甘利氏を続投させる意向を示してきたが、自民党内からは「松岡利勝元農水相のようになってしまわないか!?」と不安視する声が出ていた。松岡氏は第1次安倍内閣で閣僚を務めたが、「政治とカネ」の問題で追及された末に自殺。辞任でけじめをつけた甘利氏だが、ひと息つけるわけではなさそうだ。

 当初、安倍首相が続投に言及していたこともあり、甘利氏は辞任しないとの見方が強かった。しかし、予想外にも辞める選択をした。

 大臣室と地元神奈川の大和事務所で千葉県の建設業者S社から、2回に分けて計100万円を受け取ったと文春に指摘された甘利氏。同社が抱えたトラブル解決の謝礼だといい、口利き疑惑が持ち上がった。「秘書に適正に処理するよう言いました」と賄賂性を否定。実際に政治資金収支報告書に寄付として記載されていると明言した。

 その場で金をポケットに入れたと報道されたことについては、「お客様からもらったものを目の前でポケットに入れるのは、政治家以前に人としてやらないこと」と強く語った。しかし、大和事務所の所長でもあるA秘書が、S社の総務担当者で文春誌上で金銭授受を告発した人物から500万円を受け取った件についてはトーンが違う。

 500万円のうち100万円を献金扱い、もう100万円をある県議への献金として処理。残りの300万円は、「A秘書が返金しようとしたが拒まれ、費消してしまった」。費消とは個人的に使ってしまったということだ。A秘書はこの日、辞表を提出し、受理された。トカゲの尻尾切りで終わると思いきや、甘利氏は「安倍政権の足かせになることは閣僚・甘利明の信念に反する。秘書に責任転嫁することはできない。それは私の政治家としての美学に反する。政治家としての矜持にかんがみ、閣僚職を辞する決断をした」と述べた。

 これから国会でTPP(環太平洋連携協定)の審議が始まることを思えば、交渉を担った甘利氏の辞任は政権にとって大打撃。後任に石原伸晃元環境相(58)が決まったが、国会審議を乗り切れるか不透明だ。それでも、自民党内には安堵する声もある。

 自民党関係者は「官邸が甘利氏続投と意思表示していたのは、第1次安倍内閣が大臣のドミノ辞任で崩壊したとの思いがあるからです。しかし、あのとき松岡氏も(事務所費問題で)ナントカ還元水が騒がれても、安倍首相は守っていた。そして、自殺してしまった。あんなことがあってはいけない」と、過去のトラウマを振り返る。

 甘利氏の置かれた状況が当時の松岡氏とダブり、心配する関係者は少なからずいた。これが甘利氏の耳にも届いたのか、電撃辞任となった。

 甘利氏の会見には文春関係者の姿も。終了後には別の週刊誌記者が、大臣の首を取ったということで握手を求めるシーンもあった。一方、閣僚辞任で甘利氏がひと息つけるかというと、そうではない。疑惑にまつわる調査は継続中で、甘利事務所によるS社への口利きがシロと決まったわけではないからだ。

 さらに甘利氏は会見で重大な暴露をしていた。文春の第1弾があってからこの1週間、A秘書のもとにはS社社長から口裏合わせの電話が何度もあったという。「口裏合わせは何でもいいけど、独り言と思って聞いて」「解決すればI(告発者)が出てきて、謝る。『虚偽です』って」などと社長が取引めいたことを言ってきたという。甘利氏は「分析してどうするか検討する」と法的措置を示唆した。

 政府関係者は「文春は告発者とともにS社社長のもとに行ったといいますが、社長は話さなかったそうです。今、社長との関係は切れている。しかし、甘利氏が社長の電話を暴露したことでどうなるか。まだまだ落ち着けません」と明かす。

 安倍首相は「任命責任は私にある。こうした事態になったことについて、国民に深くおわびしたい」と話した。過去の悲劇を繰り返さないようにしてもらいたいものだ。