立民・小川淳也政調会長 国民民主と都民ファ合流報道に「論評しません」

2022年01月13日 20時26分

国会内で取材に応じた小川淳也政調会長(東スポWeb)
国会内で取材に応じた小川淳也政調会長(東スポWeb)

 立憲民主党の小川淳也政調会長(50)は13日、国会内で行われた政調審議会の終了後、報道陣の取材に応じた。

 国民民主党の玉木雄一郎代表と東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」は、夏の参院選を前に選挙協力を含めた連携を進めている。

 立民の泉健太代表はもともと旧民主党で同じ釜の飯を食べた国民民主党との関係を「兄弟政党」と公言。しかし玉木氏は泉氏の思いをよそに都民ファとの合流も視野に入れている。

 小川氏は「国民民主党に関しては泉代表と同じく、私も大いなる親近感を抱いています。各党がほかの政党と勉強会を行い、連携するのは当然でして、それ自体を論評する気はありません」とした。
 泉氏は夏の参院選で〝野党共闘〟を果たし全体として改選過半数を目指したい意向を示している。

「与党を改選過半数割れに持ち込むという大きな命題があります。これに各党が動いて貢献する形を望みたいです」と小川氏は期待した。

関連タグ: