萩生田経産相が〝敵陣〟に乗り込み応援演説「叩き上げの長尾さんはブレない政治家」

2021年10月20日 22時19分

長尾氏の応援に駆け付けた萩生田氏(東スポWeb)
長尾氏の応援に駆け付けた萩生田氏(東スポWeb)

 自民党の萩生田光一経済産業相(58)が20日、衆院選大阪14区に立候補した長尾敬氏(58)とともに、大阪・八尾市の近鉄八尾駅前で街頭演説を行った。

 同区には長尾氏と日本維新の会の青柳仁士氏(42)、共産党の小松久氏(64)が立候補している。14区に含まれる八尾市は日本維新の会の松井一郎代表のおひざ元。維新は岸田政権に対決姿勢を鮮明にしており、現職の長尾氏といえども、一筋縄ではいかない選挙戦が予想されている。

 現職大臣の〝大物〟として応援に駆けつけた萩生田氏は「長尾さんは同じ政策グループで切磋琢磨した。ブレない政治家です。私や長尾さんは何もない中から政治家になったが、ウチの党の弱点は圧倒的に世襲と官僚出身者。当選3回の福田(達夫)さんが党の総務会長になった。皆さん、違和感ないでしょ? お父さんもおじいさんも総理だから。この体質を変えたい。そのために、私や長尾さんのような叩き上げの政治家が国会の真ん中で頑張る。ぜひ、長尾さんと一緒に働かせてください」と訴えた。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ