「小4なりすましサイト」騒動が民主党にも飛び火

2014年11月24日 11時00分

青木大和氏が出した謝罪文(顔写真は蓮舫氏)

 蓮舫氏(46)も引っかかった! 12月14日投開票の総選挙を前に、とんでもないおバカ騒動が起きた。小学4年生の「中村くん」なる人物が作製したとするサイト「どうして解散するんですか?」が炎上している。NPO法人代表理事で大学生の青木大和氏(20)が今回の解散に疑問を持ち、同サイトを立ち上げたが、“なりすまし”をしていたのだ。責任を取り青木氏は23日に同団体の代表を辞任。さらに騒動は民主党に飛び火しているというから穏やかではない。

 


“700億円無駄遣い”が指摘される今選挙で奇妙な騒動が勃発した。

 

 教室の黒板をイメージしたトップページ、「しつもんです」と書かれた大学ノートのイラストが載った解散批判のサイトが話題になっている。同時スタートのツイッターでは「中村です。小学4年生です。ぼくは解散総選挙する理由を知りたくて、こんなサイトを作りました。協力して欲しいです!」とツイート。政治家や著名人のツイッターに呼びかけ、民主党の蓮舫参院議員も「素朴な疑問がよくわかる」と紹介した。

 

「しつもん」には、「アベノミクスっていうやつで国のお金を増やすって言ってたのに、ぼくのおこづかいは増えてないよ」「あべそーり、政治家さん、テレビや新聞のみなさん。約束って守らなくていいの? ムダ遣いしても怒られないの? どうして解散するんですか?」と、アベノミクス批判を展開し、解散を税金のムダ遣いと斬っている。子供にしてはきれいな字で、かつ凝ったホームページの作りだったため、ネットでは「なりすましでは」と疑問が噴出した。

 

 疑いが決定的になったのは子供に人気のゲーム「妖怪ウォッチ」をめぐるやり取りだ。妖怪ウォッチをプレーするという中村くんに、あるネットユーザーが「妖怪ウォッチの真打は買いましたか?」と質問。中村くんは「買いました!」と子供っぽく元気に答えたが「妖怪ウォッチ2真打」の発売は12月13日。子供なら詳しそうなことを知らなかったため、怪しさが一段と高まった。