衆院解散名称「念のため」「目くらまし」果ては「SM解散」

2014年11月21日 11時00分

東国原氏の珍名称は…

 21日に安倍晋三首相(60)は衆議院を解散する。今、永田町で議論になっているのが、今回の解散をどう命名するかだ。


 解散名称で有名なのが1953年の吉田茂内閣で行われた「バカヤロー解散」。国会質疑中に吉田首相が「バカヤロー」と言ったのをきっかけに解散総選挙となった。


 政治不信が高まった66年には佐藤栄作首相により「黒い霧解散」があった。予想を覆し、自民党が安定多数を獲得した。


 86年の「死んだふり解散」も有名。中曽根康弘首相(96)の発言から付けられた。2005年には「郵政解散」。郵政法案が否決されたため小泉純一郎首相(72)が踏み切り、圧勝した。


 最近では、12年の野田佳彦首相(57)による「近いうち解散」がある。野田氏が消費税増税の3党合意の際にした約束が元になった。


 今回の解散についても様々な名前が出てはいる。自民党の高村正彦副総裁(72)は、このままアベノミクスでいいのかどうかを確認する「念のため解散」と提唱。


 民主党の枝野幸男幹事長(50)が「身勝手解散」と言えば、維新の党の江田憲司共同代表(58)は「党利党略解散」と批判。衆院選には出馬しないと明言している東国原英夫元宮崎県知事(57)は20日、都内のイベントで「『アベノミクスリと笑う解散』でどうでしょう。今の時点で(安倍首相は)勝者ですから」と話した。


 野党関係者は「『目くらまし解散』と言う人もいますよ。だって、消費税増税の延期で、アベノミクスの失敗を隠そうとしているのですから」と指摘。目くらましとは人の目を欺くことで、手品や魔法の意味がある。消費税(S)の増税延期で目くらまし(M)ということは、略して「SM解散」ともいえる。


 国民にムチを打たれるのは、与党か野党か。