志位委員長 河井夫妻に自民から1・2億円の報道に「政党助成金を返上すべき」

2020年09月26日 17時39分

河井案里㊧と河井克行夫妻

 共産党の志位和夫委員長(66)が26日、ツイッターを更新。公職選挙法違反で逮捕された河井克行元法相(57)と妻の案里議員(47)の政治支部に、自民党から1・2億円もの政党助成金が渡っていたことを激しく非難した。

 志位委員長は「国民が納めた税金が原資の政党助成金が選挙での買収に使われていたとすれば、税金を使って民主主義の破壊が横行していたことになる」と指摘。

「菅自民党は説明責任を果たせ。説明できないなら、政党助成金を返上すべきだ」と声を上げた。共産党は政党助成金を受け取っておらず、制度そのものが憲法違反として廃止を主張している。