〝参院のドン〟村上正邦氏が88歳で死去 晩年も国会にらみを利かせた日々

2020年09月10日 14時42分

2016年に国会近くで本紙の撮影に応じた村上氏

〝参院のドン〟といわれた村上正邦元参院議員が10日未明、死去した。88歳だった。自民党で森喜朗政権をつくった5人組の一人で、権勢を振るった実力者だった。

 村上氏は拓殖大卒業後、1980年に参院選で初当選。92年の宮沢政権で労働大臣で初入閣し、自民党の参院幹事長、参院議員会長を歴任。99年に亀井静香氏率いるグループと合流し、志帥会(現二階派)を結成し、初代会長も務めた。

 参院を仕切ったことで、党内にも絶大な権力を握り、〝参院のドン〟〝村上天皇〟ともいわれ、小渕恵三首相が脳梗塞で倒れた際、村上氏は青木幹雄、野中広務、亀井氏、森氏の〝5人組〟主導で、森氏を後継首相とした。

 2001年にケーエスデー中小企業経営者福祉事業団の政界汚職事件で、議員辞職。受託収賄罪で逮捕され、08年に最高裁で懲役2年2月の実刑が確定し、服役した。

〝ドン〟の影響力はなくなったかと思われたが、服役後も国会近くの事務所に通い、保守派論客として雑誌等に寄稿。多くの国会議員が〝村上詣で〟をするなど、政局に影響力を与え続けた。