吉村府知事が国政復帰に興味津々? 「新総理が誕生しても是々非々で」

2020年09月03日 11時00分

菅氏を絶賛した吉村大阪府知事

“菅首相誕生”で国政に興味津々か。大阪府の吉村洋文知事(45)が2日、定例会見で自民党総裁選への出馬を表明した菅義偉官房長官について「安倍総理の下で8年近くにわたって屋台骨、ナンバー2として長期政権を支えてこられた。実行力で国、霞が関をまとめる力がある方。安倍政権を引き継いでコロナ対策であったり、国家運営をされていくのに適任の方だと思う」と絶賛した。

 2025年大阪・関西万博やIR誘致を巡って、菅氏と吉村知事は何度も話し合ってきたといい「維新の政治もそうだが、やるということは実行する。できないことはできないとハッキリ言う。いいかげんなことは言わない。そういう方が、総理としてふさわしいのではないか」と歓迎した。

 自民党総裁選についても「自民党の懐の深さというか、政治の深さというか、権力に関しての政党の厚みを感じます。日本維新を含めて野党が頼りない」と自民党の強さに脱帽。

 立憲民主党など野党に皮肉を込めつつ「日本維新の会に政権運営する力はないが、まともな野党をつくらないと自民党に緊張感が生まれない。公文書の偽造とかあり得ない話なので、追及すべきところは追及するが、新しい総理が誕生しても、是々非々でやっていきたい」と話した。

 2014年11月から翌年10月に大阪市長選出馬のため辞職するまで衆院議員だった吉村氏は、国政復帰に興味津々のようだ。

 府政関係者は「松井(一郎)市長が“汚れ役”を引き受けてくれていることもあって、今は府知事を楽しんでいる感じ。当分はコロナと(大阪)都構想に集中するでしょうけど、都構想もメドが立った。最近は橋下さん(徹・元代表)も政治の話に食い気味ですしね」と話す。

 橋下氏といえば、吉村氏を政界に引きずり込んだ張本人。7月に放送されたABEMAの討論番組「NewsBAR橋下」では、お互いに国政進出を勧め合っていた。

 かつて橋下氏は「2万%あり得ない」と言いながら大阪府知事選に出馬した過去があるだけに、橋下氏の政治スタイルを引き継ぐ吉村氏もそうなる?