小池知事圧勝ムードの都知事選に待った! れいわ山本太郎代表が土壇場で参戦か

2020年06月12日 16時00分

山本代表が注目を集めるのか

 東京都知事選(今月18日告示、7月5日投開票)は、自民党が支援する小池百合子知事(67)の圧勝ムードが流れている。そこに、れいわ新選組・山本太郎代表(45)の急転直下の出馬情報が浮上。一石を投じるか?

 小池氏は今月2日から発令している「東京アラート」を11日に解除し、休業要請解除・緩和のロードマップでパチンコ店やゲームセンター、インターネットカフェなどが対象の最終段階「ステップ3」に12日から進む。その12日夕に出馬を宣言する。

 かつて立憲民主党(枝野幸男代表)が野党統一候補として山本氏の擁立を目指し、無所属での出馬を打診したが、折り合わなかった経緯があった。その山本氏がここにきて都知事選に参戦する場合、立民が応援する元日弁連会長・宇都宮健児氏との票の奪い合いとなりそうで、厳しい選挙戦が予想されている。

 そのため、れいわ新選組内では11日に永田町で行われた総会で、山本氏の都知事選出馬を巡って意見が分かれて、最終判断を本人に一任する異例の事態になった。

 自民党関係者は「野党が統一候補を立てると、共産党アレルギーで票が集まらない傾向があります。いま山本氏が都知事選に前向きになっている理由は、小池氏や自民党議員のスキャンダルに失望した自民党票を奪い取る戦略でしょう。少しでも我々にダメージを与える狙いです」と話す。

 この日、立民の枝野氏は、山本氏に近い国民民主党の小沢一郎氏と国会内で会談した。

「枝野氏は小沢氏に、山本氏が出馬しても宇都宮氏を支持すると伝えました。小沢氏と山本氏は野党の枠組みを気にしても大きな展望が開けないと最初から理解した上で、選挙戦にチャレンジします」(小沢氏に近い関係者)

 山本氏と小沢氏は自由党に所属して同じ釜の飯を食った師弟関係で、打倒・安倍自民党で意見が一致している。最近目立たなかった山本氏としては、都知事選では勝てないとしても、大暴れして存在感を示し、次の衆院選での飛躍を目指すという側面もあるだろう。