小沢夫人の〝離縁状〟永田町にまかれる

2012年06月25日 18時00分

 小沢夫人の〝離縁状〟のコピーが永田町にバラまかれている。先週「週刊文春」に、絶妙のタイミングで掲載されたものだ。その手紙のコピーが、郵送で各国会議員事務所に送られた。それも民主党だけでなく自民党、政局とは無縁の無所属議員にまで、衆参約700人の議員に送られている可能性がある。ほとんどが、東京都内の消印はあるものの差出人名はなし。

 

 民主党関係者は「個人名が消されている以外は文春のと同じ。誰がやったか分からないが、このタイミングは政治的な思惑が込められている。法案賛成・反対決めていない中間派の議員が読んだらビビッて造反に慎重になるのでは。ジワジワと効いてくるよ」と話す。

 

 新党潰しの目的もあるようだ。永田町関係者は「既に文春に出ているのでインパクトはない。反小沢の人間の仕業だろうが焦っているのかも。改めて話題にさせたいのだろうが…」と指摘する。