宇都宮健児氏が都知事選出馬表明

2020年05月25日 18時38分

宇都宮健児氏

 元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)が25日、ツイッターを更新し、東京都知事選(7月5日投開票)への出馬を表明した。

 宇都宮氏は「これまで多くの都民・市民の方々から都知事選への立候補の要請を受け、徐々に出馬に向けた決意を固めて参りましたが、緊急事態宣言が解除された後に出馬の意思表明をしようと思っていました。今日東京都も緊急事態宣言が解除されることになりましたので、都知事選への出馬を表明させていただきます」とツイートした。

 当初、無風のまま現職の小池百合子都知事が再選されるとみられていた都知事選には、元ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏(47)も出馬の可能性が浮上している。

 宇都宮市は2014年の都知事選に出馬したが、当選した舛添要一氏に次ぐ2位で落選した。