賭け麻雀報道に「適切に対応」指示も法務省トップ森雅子氏に期待度ゼロ

2020年05月21日 16時00分

 東京高検の黒川弘務検事長(63の賭け麻雀疑惑報道は、ともに雀卓を囲んだメディア側にも影響は避けられない。

 産経新聞と朝日新聞の両社はそれぞれ見解を示した。産経は取材源秘匿の観点から、個別の取材経緯等は非公表との原則を説明。不適切行為が確認された場合は、適切に対処するという。朝日は社員の麻雀参加は認め、賭け行為は「調査中」。個人的な行動ながら、不要不急の状況下を踏まえ「極めて不適切な行為でおわびします」とした。

「一緒に麻雀をした記者たちは、検察庁法改正案の成立が先送りされる前までは『次期検事総長の黒川氏に食い込んでおり、すごい!』といわれていた。それが、今回の件でネット上では名前が特定され、仕事にも支障が出そう」(永田町関係者)

 一方、当の黒川氏については、さらに重用しようとした政府関係者でさえも「麻雀だけだったなら弁解できたかもしれない。だが、なぜカネを賭けたのか、どうして送迎に産経新聞のハイヤーを使ったのか説明は無理でしょう」と突き放す。

 今後の対応について安倍政権は「法務省が適切に対応する」との姿勢だが、その法務省のトップ森雅子法相について「期待度ゼロ」と話すのは、ある自民党議員だ。

「森氏は国会で黒川氏を巡る検察庁法改正案で『真摯に説明する』と繰り返しただけで、結局は何も説明できなかった。法務省の内部調査は、実は記事の事実関係より、掲載に至った経緯、意図の方が政治的には重要。だが調査は困難で、誰の指示で誰が何のためにリークしたのかうやむやのまま、黒川氏が自ら辞職して幕引きとなる可能性が高いでしょう」

 安倍内閣の支持率が再び下がるのは間違いなさそうだ。