日韓首脳会談やっぱり無駄だった!? 元徴用工問題、輸出規制問題は平行線のまま

2019年12月25日 16時00分

記念写真に納まる(右から)安倍首相、中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領(ロイター)

 安倍晋三首相は24日、韓国の文在寅大統領と中国の四川省成都で会談した。両氏は元徴用工訴訟問題をはじめとする懸案の解決に向け、外交当局間の対話を継続する方針で一致した。元徴用工問題や、韓国への輸出規制強化措置を巡り、双方の主張は平行線をたどったまま。日韓首脳の正式会談は昨年9月以来で約1年3か月ぶりだが、中身はあったのか。専門家が分析した。

 会談で安倍首相は元徴用工問題に関し、韓国側の判決が1965年の日韓請求権協定に反すると強調。

「法的基盤の根本に関わる。国家として日韓関係を健全に戻すよう求める。韓国側の責任で解決策を示してほしい」と対応を促した。これに対して文大統領は「韓国側の立場は繰り返さない。問題解決の重要性は認識している」としつつ、新たな提案はなかった。

 会談は30分間の予定が延びて約45分間だったが、中身はあったのか。

 韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「文大統領にとって、1年3か月ぶりに日韓首脳会談の席につけたという事実以外に、これといって何の成果もないサミットだったでしょう。どう転んだって、韓国の言う、徴用工問題の解決案などのめるわけがないのは、最初から分かりきっていることです」

 韓国側は韓国最高裁が下した元徴用工への賠償金について、日本企業と韓国企業で支払おうと提案してきた。日本は一貫して相手にしていない。

 ところで、韓国メディアは先日、元慰安婦の女性らが2015年の慰安婦問題を巡る日韓合意は違憲だとして起こした訴えについて、憲法裁判所が27日に判断を言い渡すことを決めたと報じた。

「文政権は『完全かつ不可逆的』をうたった日韓合意を事実上破棄する意向のようです。韓国側は会談を前に、安倍首相に揺さぶりをかけてきたつもりでしょうが、当の安倍首相からすれば、バカバカしくて付き合いきれないといったところでしょう。韓国は大量兵器転用物質の横流しの件もはっきりさせていないわけで、この状況ではホワイト国(輸出手続きでの優遇国)復帰も無理な相談でしょう」と但馬氏。

 無意味な首脳会談だったが、韓国ではどう報じられているのか。

 但馬氏は「面白かったのは韓国KTVの現地報道でした。会談の会場に安倍首相が先に到着し、文大統領を待つ姿が映され、その後も首相がにこやかな口調で会談再開の謝意を述べているところを強調して報道していました。さも、安倍首相が文大統領に気を使っているように印象づけて、韓国の外交勝利をアピールしたかったのでしょう」と言う。

 また、安倍首相が中国の習近平国家主席との対談で、香港やウイグルの人権問題を持ち出したのと対照的に、文大統領は中韓会談を前に「香港、ウイグルは中国の内政問題」と発言した。

 但馬氏は「THAAD(高高度防衛ミサイル)やGSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄撤回で、ご機嫌を損ねた中国にシッポを振ってみせた形ですが、まったく世界情勢を見るセンスに欠けています。なによりも、発言を聞いたトランプ米大統領のこめかみの血管はまたピクピクしていることでしょう」と指摘している。