筆跡で党首の“深層”を読み取る

2013年07月12日 08時00分

きまじめ・きちょうめんの権化

【志位和夫・共産党委員長(58)】この人の筆跡は長年変わらない。“日”の字を見ても小学生の時に教わった通りで、きまじめ・きちょうめんの権化のような性格。

 ◇   ◇   ◇

  ある意味、全くブレない共産党のスタンスで、都議選では反自民の受け皿にもなった。参院選も愚直な訴えが通るか。

 

 

 

 

頑固で自分の考えが大事

【小沢一郎・生活の党代表(71)】偏とつくりの間が狭いのが特徴。頑固で自分の考えを大事にする。漢字の国・中国では、この偏とつくりの間を気宇が広くなれば、心の広さにもつながり、多くの人をひきつけ良い情報が入ってくるので後年、大成功するといわれ“気宇壮大”になるが…。

 ◇   ◇   ◇

  政界の壊し屋も存在感が薄くなり、最近は親しみやすさをアピールしているものの、こわもてのイメージは取れそうにない。



次のページ社民党、みどりの風

ピックアップ