猪木さんが拉致被害者を連れて帰ってくるんじゃないか

2013年07月06日 09時02分

参院選 私はこう見る:前田日明氏(54)

 参院選は争点から外れかけているけど、TPP(環太平洋連携協定)参加の是非をどう考えているかを候補者たちに問いただしたいね。TPPは簡単にいえば、米国の経済を下支えするために日本に眠る1500兆円の金融資産を引っ張り出そうという話ですよ。

 アベノミクスの国土強靱化で公共事業に200兆円投資されるというが、TPPに参加すれば、米国の巨大ゼネコンがメール1通で入札をかけてくる。労働者もTPP圏内はノービザにしようとしている。出稼ぎに来た外国人がいったん、日本で稼げると分かれば自国に帰りませんよ。結局、200兆円も米国や他国に持っていかれる話で、日本の金融資産が食い潰されるんです。

 小泉政権時の郵政民営化では郵貯の資金が食い物にされた。日本は米国の51番目の州だといわれるが、TPP参加でいや応なく本当の属州になる。安倍首相は4月にサンフランシスコ講和条約発効から61年目で主権回復の日と祝っていたが、すべての根本はこの条約にある。日本は独立したことになっているが、それは和訳であって、国際法上に通用する英文では、日本はまだ米国の占領下です。

 羽田空港を飛び立った飛行機がなぜ東京上空を飛べずに迂回するのか。日本は米国に妄信する弱腰な外交姿勢も条約に照らし合わせれば当たり前な話。安倍晋三首相(58)は戦後レジームからの脱却というが、真の愛国者だったら、吉田茂元首相の大ウソをザンゲして、本当の独立国家としてのあり方を模索してもらいたい。でなければ安倍首相も売国奴になりますよ。

 野党も情けない。野田佳彦前首相(56)は政権維持のために米国に追従し、TPPに乗り出した。維新の橋下徹共同代表(44)ももうひとつ何をやりたいかが見えずに行き当たりばったり。アントニオ猪木さんは70歳で最後、ひと花咲かせたいだろうね。拉致被害者家族を連れて帰ってくるんじゃないかな。

 自民党比例から出る佐竹雅昭氏もよく知っているけど凝り性な性格だから、一生懸命勉強していると思うよ。ボロクソ言ったけど、政治に無関心になってはダメ。候補者を見極めて、投票に行ってほしいね。

(リングスCEO)