人妻になった元グラドル候補も都議選出馬

2013年06月15日 16時00分

 東京都議選(23日投開票)が14日告示された。定数127に対し、250人以上の候補者で争われる国政選挙並みの首都決戦で、本紙は“美しすぎる都議候補”に注目。昨年の衆院選では元グラドル候補として話題になり、日野市選挙区から出馬する日本維新の会、佐々木りえ氏(30)にその胸の内を聞いた。

 

 佐々木氏は衆院選での選挙区と一部重なる日野市選挙区から出馬。橋下共同代表の舌禍により維新全体が逆風にさらされているが…。


「私としては(米軍への)風俗発言の方がどうかなと思いました。女性にも男性にも失礼です。慰安婦発言については『よその国もしていたのに、なぜ日本だけ責められるのか』という気持ちは分かる。しかし、代表として皆さんを刺激することは言わないでほしい」


 橋下氏と違い、候補者は有権者と直に接する。「特に女性から『歴史を分かっていないのに発言している』と(批判をされる)。逆に『よく言った』という声もあるし『上が大変なのにあなたたちはよくやっているね』と言われることも。逆風は気にしないようにしてます」


 とはいえプロフィルの「尊敬する人物 橋下徹」は変わらない。4月にはボートレーサーの中野次郎(32)と結婚した。


「待機児童問題を解消していきたい。私もこれから子供をたくさん産んでいきたいし、同じ世代のお母さんから『早く解決してほしい』と言われます。保育園はすごく大事です」


 元グラドルだけにルックスはピカイチ。一度選挙を経験しているだけに、演説もこなれている。果たして美人すぎる都議誕生となるか。