【参院選】美人弁護士・亀石倫子氏苦杯「後悔はしていない」

2019年07月22日 16時00分

落選して会見する亀石氏

 21日の参院選で立憲民主党から大阪選挙区(改選定数4)に立候補した弁護士の亀石倫子氏(45)は落選した。

 激戦が予想された大阪選挙区だったが、午後8時にあっさりと4議席の当確が報じられた。辻元清美衆院議員と会場に姿を見せた亀石氏は、少し涙声になりながら支援者に頭を下げたが、「私らしいスタイルで選挙活動ができた。これまで政治に深く関心を持っていなかった人が、たくさん支援してくれているのを感じたし、挑戦した意義があった。後悔はしていない」と胸を張った。

“美人弁護士”と注目された亀石氏。「選挙というのは、強力な組織のある人が勝つのかなと思った。特に大阪は大きな組織がないと、越えるのが難しい高い壁があると感じた」と悔しげな様子もにじませた。