幸福実現党・釈量子党首が第一声「消費税を下げて日本を豊かにします」

2019年07月04日 14時26分

第一声街頭演説を行った釈量子党首

 幸福実現党の釈量子党首が4日、東京・JR有楽町駅前で同日に公示された第25回参院選(21日投開票)の第一声街頭演説を行った。

 同参院選で比例代表で立候補した釈党首は、東京選挙区で立候補した同党の新人候補・七海ひろこ氏とともにあいさつに立った。

 釈党首は「日本の皆さまのお一人、お一人の幸福の実現のために政策を訴えていきたい」と話し「景気回復には消費税8%から5%への減税が必要」との景気対策や、「決断ができる大人の国に。自分の国をしっかり守る体制づくり」と、憲法9条改正などを含めた国防、未来の成長産業育成のために「10年間での100兆円投資」など、主な3つのビジョンを掲げた。

 演説最後にも、釈党首は「安い税金、小さな政府、消費税を5%に下げて、日本を豊かにします。自分の国は自分で守る、憲法9条の根本的改正、国民一人ひとりが希望が持てる国づくりを実現します」と繰り返し政策をアピールし、支持者からの拍手を集めた。