【参院選の焦点】前田日明氏 消費税廃止&奨学金チャラ公約「山本太郎氏は一つの波を起こすかも」

2019年07月04日 16時00分

前田日明氏

 21日投開票の参院選が4日に公示された。過去の参院選で出馬寸前だった前田日明氏(60)が今回の選挙をバッサリと斬る。

 第2次安倍政権が発足して7年になるけど、安倍さんは戦後レジームからの脱却や、北朝鮮にさらわれた人を取り戻すとか、聞こえがいいことを言っている裏で、とんでもない悪法をどんどん通してきた。

 水が売られる水道の民営化、森が売られる国有林野管理経営法の改正、労働者が売られる高度プロフェッショナル制度、外国人労働者が優遇され、日本人の働き口がなくなる国家戦略特区など挙げたらキリがない。

 日本は借金だらけと財務省の大ウソにだまされ、消費税を増税するというが、生活困難者を直撃しますよ。若い人のパパ活やらママ活とかいうけど、だいたいが奨学金の借金返済のためなんですよ。

 今の若い人の両親世代は晩婚化が進んで、子供が成人になった時にはもう退職になって、カネがない。この先どうなるか分からない18歳そこらの大学生に600万もの奨学金を簡単に貸してしまう。

 アルバイトの時給も全然上がってない。俺が高校生だった42年前でも運送会社のバイトで時給1000円はもらっていた。全く上がってないのに働き方改革で、長時間労働を禁じ、稼げない。割のいいバイトも派遣の大手や外国人労働者が握っている。大学卒業したら正社員になれずに奨学金の返済に追われる。生活はどんどん厳しくなるだけですよ。

 消費税は廃止にすればいい。そうしたら購買意欲も上がってくるし、子供を産んで育てやすい環境になる。社会全体がえたいの知れない不安に包まれているが、少しは希望が持てるようになる。

 与野党見渡しても、自分の保身しか考えていない議員ばかりで、選挙に行くのは右も左も組織がしっかりしたところだけ。これじゃ、お先真っ暗と思っていたら、れいわ新選組の山本太郎が消費税廃止や奨学金チャラ、どうやって財源を出すかも俺と全く同じことを言っていて、びっくりしたよ。

 議員になったころは原発ばかりで、これで6年はつらいだろうなと見ていたけど、本当によく勉強していて、見直した。これから潰されてしまうかもしれないが、一つの波を起こすかもしれないね。(リングスCEO)