【参院選の焦点】グラドル・白瀬真奈が語る若者の経済感覚 「年金に期待できないから投資してます」

2019年07月04日 16時00分

白瀬真奈

 21日投開票の参院選が4日に公示された。選挙に向けて今春デビューのT150・B86・W62・H90の現役大学生F乳グラドル白瀬真奈(20)が“若者の貧困”を訴えた。

 不安はお金のことです。今は大学3年(経営学部)で、友達とも10月の増税や年金問題について話し合うんですが、私たち世代は年金をほとんどもらえないので、今から投資(バイナリーオプション)も始めました。周りでも多いですよ。今後は仮想通貨と株もやってみようと。増税で経済がよく回るようになるといっても、恩恵は高所得者のもので、低所得者の生活は変わらないでしょうね。

 国際関係の仕事にも興味があって、アメリカのワシントン州への海外留学も経験させてもらいました。5か月で120万円ですが、他の大学はこの倍かかる。ちゃんと調べて学校も選びました。うちの実家はお金がない分、大学費用をためていてくれました。千葉の実家から大学まで通学に片道3時間かけていたけど、さすがにしんどくて先月から都内で1人暮らしを始めました。

 引っ越し前の銀行口座には1万円しかなくて、電気代がもったいないからテレビも見ていません。返すのが不安で本当は借りたくなかったけど、4年生から奨学金を借ります。

 バイトも当然してますよ。グラビアのお仕事もやりがいあります。今いくら欲しい? 家賃も含めて自由になるお金が月に20万円あればいいなあ…。

 先月1枚目のDVDが発売されたばかりの駆け出しですが、私たちにかかわるピンチもあります。肌の露出が多いグラビア誌が、コンビニから撤去されてますよね。グラドルの仕事がなくなるので、政治家に助けてもらいたいです。18歳の投票が解禁された前回の参院選(2016年7月)で、17歳の私は投票できませんでした。政治のことが分からないまま投票するのは心配で、少しホッとした記憶があります。

 今はちゃんと勉強して、自分のためでなく、国民のことを考えている有言実行の人に投票します。(グラビアアイドル)