丸山議員への糾弾決議で造反・進次郎氏「エラいことを…」肩落とす維新関係者

2019年06月07日 16時00分

 自民党の小泉進次郎衆院議員は6日、衆院本会議で行われた丸山穂高衆院議員(日本維新の会を除名)に対する「糾弾決議案」の採決を棄権した。進次郎氏に対する与野党の反応は?

 糾弾決議案は全会一致で可決。丸山氏は本会議を欠席するも、自身のツイッターに「任期を全うし前に進んでまいります」と投稿し、議員辞職しない意向を表明している。

 進次郎氏は「議員の出処進退は議員が決めるべきことだ。国会で糾弾するのはふに落ちない」と指摘し、糾弾決議案が可決されたことについて「丸山さんの言動はかばえるものではありませんが、国会としてどうするかは、冷静に判断すべきことがあるのではないか。今回の問題の決着としては違うのではないか」と異議を唱えた。

 父の小泉純一郎元首相は政治家時代に「変人」と呼ばれたが、進次郎氏の“造反劇”に同僚議員からは「なぜだ?」と驚きの声が上がった。

「安倍首相は国会で、丸山氏の北方領土ビザなし交流事業での言動(戦争発言など)に対し『元島民の気持ちを傷つける遺憾極まりない発言だ』と自民党所属議員の声を代弁して批判した。国会は政治家が投票することで何かを決定したり意思を示す場です。進次郎氏の採決棄権は、その覚悟を持ち合わせていないと受け止められても仕方がありません」(自民党若手議員)

 進次郎氏は、辞職せず次の衆議院選挙まで政治家続行を宣言した丸山氏に対する政治家としての評価は、選挙権を持つ有権者が決めるべきだと主張している。

 日本維新の会のある議員秘書は「松井一郎代表が元島民に謝罪して一段落した矢先、進次郎氏の糾弾決議案採決の欠席で再び丸山氏の出処進退の話題に戻った。進次郎氏はエライことをしてくれた…」と肩を落とした。