競馬好きトランプ氏来日 安倍首相とのダービー観戦の実現度

2019年05月23日 09時00分

トランプ氏(ロイター)

 安倍晋三首相が、今週26日に行われる第86回日本ダービー(東京優駿)に観戦に行く!?と永田町で話題になっている。

 安倍首相はウオッカが史上3頭目の牝馬によるダービー優勝した2007年5月27日の日本ダービーに、内閣総理大臣賞を授与するため、昭恵夫人と東京競馬場に来場したことがある。

 政府関係者は「安倍首相は馬券を外しましたが、昭恵夫人が単勝馬券を取ったと記憶しています」と振り返った。

 しかしそれ以降、安倍首相の日本ダービー観戦は実現していない。日本ダービー当日、安倍首相は令和初の国賓として来日(25~28日)するトランプ米大統領とともに千葉県でゴルフをし、その後、両国国技館で大相撲夏場所千秋楽を観戦する予定になっている。

 そんな中、トランプ大統領が「日本ダービーを見たい」と言いだす可能性があるという。トランプ大統領は今年の米ケンタッキーダービーの1着入線馬が降着し17着になったことについて、ツイッターで「裁定はいいものではない。ベストホースがケンタッキーダービーを勝たなかった」と投稿するほど競馬好き。過去には競走馬を所有しようとしたこともあったそうだ。

 両首脳によるゴルフ↓ダービー(午後3時40分)↓相撲観戦(幕内後半戦は午後5時前ごろから)は実現するのか。千葉から府中の競馬場までは、ヘリコプターを使えば移動は可能。そのあとに両国に飛ぶことも無理ではないが…。

「安倍首相はトランプ大統領から『日本ダービーにも行きたい』と頼まれると断れないはず。その後、トランプ氏が優勝力士に“米国大統領杯”を贈呈し、安倍首相も優勝力士に内閣総理大臣杯を直接授与することになれば、両首脳揃い踏みで、世界に発信し注目を集める。ダービー観戦は、金曜日(24日)までに決まる見通しです」(前出の関係者)

 警視庁関係者は「両国国技館内は夜通し警備が行われています。ダービー観戦が正式に決まると、さらに倍以上の警備態勢を整えなくてはいけなくなります」と話しているが…。