“夢の国”出身の美人市議候補を発見 ダンサー時代から数百人の追っかけファン

2019年04月12日 16時00分

美貌と経歴が話題の荒井氏

“夢の国”出身の美人候補を発見! 統一地方選の後半戦が14日、告示される。各党が今夏の参院選の前哨戦と位置づける戦いが折り返しを迎えるが、ある女性候補の存在が地元をざわつかせている。千葉・浦安市議選(定数21=21日投開票)に、日本維新の会公認で出馬する新人の荒井美緒氏(33)だ。

 元AKB48で女優の篠田麻里子をほうふつとさせる美形のルックスが目を引くが「何より彼女のキャリアが出色」と永田町関係者はこう語る。

「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)で2年間、パレードのダンサーを務めた後、東京ディズニーリゾート(ディズニーランド、ディズニーシー)で10年間、パレードのダンサーを務めた経歴を持っている。ダンサー時代は数百人単位の追っかけファンがいたらしい。昨年卒業したが、ディズニーのお膝元で愛着がある浦安の市議選挑戦を決めたようだ。ディズニー&USJ出身の候補は、国政・地方選挙含め、日本の公職選挙で初ではないか」

 これまで幾多の美人候補がメディアやネットで取り上げられたが、異色のキャリアで注目されるのは間違いなさそうだ。

 荒井氏のSNSなどによれば、マニフェストの一つが「文化教育の推進」という。本人がクラシックバレエやピアノ、新体操など複数の習い事に取り組んだ中でダンスに夢中になって仕事にもつながり、その過程で人間的に成長できたと感じ、政策として習い事の月謝補助の導入などを目指す考えがあるという。教育に力を入れる維新と共鳴したため、同党からの出馬につながった。

 華やかなステージを降りた元ダンサーは“ドブ板選挙”でどこまで支持を拡大できるか。