山本太郎氏「れいわ新選組」旗揚げ はぐれ者同士「貴入隊」の可能性は

2019年04月11日 16時00分

 自由党の山本太郎共同代表(44)が10日、国会内で記者会見を開き、今月下旬に同党を離党すると表明した。政治団体「れいわ新選組」を設立し、今夏の参院選に同志を募るプランを披露した。

 山本氏は「自由党を離党します。時期は統一地方選の後半戦が終わり、国民民主党と自由党の合流の可否が出た後」と発表。国民と自由の合併可否にかかわらず離党するという。

 1日には新たな政治団体を届け出た。新元号「令和」と幕末に京都を取り締まった「新選組」をもじって、「れいわ新選組」とした。

 山本氏が関わる政党名はこれまでも「新党 今はひとり」「新党ひとりひとり」「山本太郎となかまたち」と珍名が続いたが、今回は「新しい時代に新しく選ばれる人たちという意味。言論、政策で斬りかかっていく。新選組は幕府側という意見もあるが、今の権力は誰が握っているかというと主権在民。この国の人にお仕えするということだ」と説明した。

 5月末までに寄付を募り、集まった額に応じて、参院選への対応が変わってくるという。3億円以上が見込める場合、10人以上を擁立し、比例代表と選挙区に出馬。1億円未満となる場合は、山本氏1人が東京選挙区から出馬となる。

「1万人から1人1万円ずつで1億円になる」と大風呂敷を広げた山本氏に対し、自由党の小沢一郎共同代表は「政治生命を含め、かけになる」と話したという。山本氏のこれまでの言動から、出たとこ勝負のようにも映るが、関係者によれば、ずいぶん前から考え出されていたプランという。

 さらに山本氏は、隠し玉となるような有名人候補者は今のところいないとも吐露したが、永田町関係者は「各党がオファーを出している元横綱貴乃花の花田光司氏を山本氏が担ぎ出すかもしれません。互いに業界のはぐれ者ですが、改革派という共通点があり、実はパイプもある。山本氏の心意気に花田氏が応じるようなことがあれば、ビッグサプライズがあるかもしれません」と指摘。

 花田氏が“新選組”に入隊すれば、選挙資金も票も集めることができそうだが…。