維新 大阪W選圧勝も市議選は過半数届かず「大阪都構想」は実現不透明

2019年04月08日 16時00分

選挙に勝利した松井氏(左)と吉村氏

 大阪維新の会が掲げる大阪都構想の是非を争点に、「維新VS反維新」の一騎打ちとなった大阪府知事、市長のダブル選挙が7日、投開票され、府知事選では前大阪市長の吉村洋文氏(43)、市長選では前大阪府知事の松井一郎氏(55)と、ともに維新の公認候補が圧勝した。ただこの圧勝劇の要因は「自民党の自滅」との見方が強い。維新は府議、大阪市議選でも議席増。この結果を受け、大阪都構想は今後、どう進むのか?

 大阪市を廃止して特別区に再編する都構想を掲げる吉村氏と松井氏は、「公明党に住民投票実施の約束をほごにされた」としてダブル選に突入。自民党推薦で各党の地方組織の支援を受けた府知事選候補の小西禎一氏(64)、市長選候補の柳本顕氏(45)と争った。

 府知事選では終始「吉村氏が優勢」と伝えられたが、市長選では当初、「柳本氏リード」とも。それでも府知事の実績と知名度で上回る松井氏が逆転していく。

 ふたを開ければ午後8時の投票締め切りとほぼ同時に、吉村氏と松井氏の当確が報じられる“秒殺”に終わった。

 大阪市の大阪維新の会本部で会見に応じた松井氏は「これまで府市一体で経済を大きくするために取り組んできたが、大勢のみなさんに住みやすい街にするようにとご判断いただいた。謙虚な心で市政運営に当たりたい」。吉村氏も当選に感謝の意を述べ「これまでの維新の改革を続けて、都構想の再挑戦に踏み出していきたい。知事として大阪が成長するよう気を引き締めて頑張りたい」と意気込んだ。

 投票率は府知事選が49・49%で前回より4・02ポイント上がり、市長選は52・70%で同2・19ポイント増。都構想の推進について松井氏は「50%(の有権者)は選挙に参加していない。反対の方に丁寧な議論が必要で、真正面から向き合って議論したい。ただ、議論の妨害だけは避けていただきたい。民意を大切にしていただき、自民公明がどう受け止められるのか、ご意見うかがいたい」と反維新陣営をチクリ。「スケジュールありきでは拒否反応を示される可能性もある。4年間の任期中にやり遂げられれば」と語った。

 維新の圧勝で幕を閉じたが、なぜ、ここまで風が吹いたのか?

 自民党は当初、俳優・辰巳タク郎を知事選候補に擁立しようとしたが、断られてしまった経緯がある。政界関係者は「辰巳さんが出馬要請を受けなかったのも、自民党のバックアップが見込めないと早々に見切ったからでしょう。そうした中で選挙戦を戦った柳本さんと小西さんがかわいそうですよ」と指摘。

 その理由はこうだ。

「菅義偉官房長官が維新を“憲法改正の補完勢力”とみているのは有名だが、そのためか安倍晋三総理や小泉進次郎衆院議員らが応援に入ることもなかった。将来の憲法改正を実現させるためにも、維新と本気でケンカできない自民党が柳本と小西さんをバックアップできるわけがない。これでは勝てるわけがないですよ」(前出政界関係者)

 ただ都構想がスンナリ実現するかどうかはまだ不透明だ。維新はダブル選とともに行われた府議選で11議席増の51議席を獲得し過半数を上回ったが、市議選では前回を上回るも40議席で過半数に届かなかった。これまで府議会、市議会で単独過半数に満たなかった維新は、公明党の協力を頼りにしてきたが、関係が破綻しダブル選に突入した経緯がある。市議会で単独過半数に届かず、都構想実現には多くのハードルができるのが実情だ。

「維新は4年前、当時の橋下徹市長が都構想実施に向けた住民投票を実施したが、大接戦の末に否決された。この時の住民投票も公明党が賛成に転じたから実現できた。でも今後は公明党の協力は得られないから、市議会で単独過半数に満たないと、住民投票が実施できるかどうかも分からない」(同)

 自民党の自滅で圧勝した維新だが、都構想実現までの道のりはまだ険しそうだ。