菅官房長官の質問拒否めぐり与野党バトル 東京新聞女性記者の出馬はあるのか

2019年02月28日 17時00分

 菅義偉官房長官が東京新聞女性記者の質問を拒否した問題で、与野党の“場外バトル”が展開されている。

 同記者は26日に行われた会見で「会見は政府のためでもメディアのためでもなく、国民の知る権利に応えるためにある。この会見は、一体何のための場だと思っているのか」と質問。菅氏は「あなたに答える必要はない」と答えていた。

 菅氏は27日、この発言について「国会や会見の場で何度も『政府の見解を答える場だ』と述べてきました。あえて繰り返さないとの趣旨だった」と説明。同記者をめぐっては、首相官邸が「事実に基づかない質問を繰り返す」として、東京新聞や内閣記者会に対応を申し入れてきた。

 菅氏の対応に立憲民主党の辻元清美国対委員長は「菅さんは、記者に圧力をかけて誠実に答えてない。官房長官として失格だ」と批判した。

 一方、自民党関係者は「官房長官の会見は、内閣記者会主催で行われている。会見の司会を務める首相官邸報道室長が、菅官房長官の公務などを考えて記者に質問を簡潔にまとめたり、質問数を絞ったりするように協力を求めることはあるが、政府として一方的に記者の質問を制限できる立場にはなく、その意図もありませんよ」と語った。

 永田町では昨年から同記者の“政治家転身説”が流れている。

 立民関係者は「党内では執行部が同記者に出馬の打診をしたといわれています。夏の参院選で東京選挙区なのか、比例候補者なのかは定かでないが、衆参ダブル選挙になれば衆議院比例代表候補の可能性も残る。政治家になれば、打倒・安倍政権の急先鋒として期待感が持てます」と話す。

 自民党議員は「立民は同記者を参院選に出すならギリギリまで発表しないのではないか。与党としては同記者が出馬しても、話題性で負けないようにしないといけない」と警戒を強めている。