小泉元首相おい逮捕報道が出たウラ

2013年02月25日 16時00分

小泉進次郎氏

 4代100年以上にわたって政治家を輩出している小泉ファミリーに激震が走った。小泉純一郎元首相(71)のおいで、進次郎衆院議員(31)のいとこの小泉力也容疑者(29)が21日、横須賀市内でホストクラブを無許可で営業していたとして風営法違反で現行犯逮捕されたのだ。

 

 神奈川県警横須賀署が逮捕した力也容疑者は、同市中心部の繁華街で2年前からホストクラブ「サンクチュアリ」を経営。父親は純一郎元首相の弟で、秘書も長らく務め、進次郎氏の選挙も手伝っていた。

 

 力也容疑者も俳優の孝太郎(34)、進次郎兄弟とは幼いころからの付き合いで、れっきとした小泉ファミリー。だが、純一郎ジュニアらが芸能界や政界に進んだのに対し、飛び込んだのは夜の世界だった。

 

「金髪でちょびヒゲ、身長165センチのぽっちゃり体形。孝太郎や進次郎とは全く似てない。イケメンじゃないけど、義理堅くて人情味にあふれたアニキ系。5年くらい前は別のホストクラブの店長でしたが、今の店は後を任される形でオーナーになった。ホストじゃなく経営者の力也目当てで通っていたキャバ嬢やクラブのママさんたちが多かった」(関係者)

 

 摘発のきっかけは昨秋の警察へのタレコミだったとみられる。

 

「店では“リキヤ”としか名乗らず、親しい人だけに小泉姓を明かし、純一郎氏の親戚であることをひけらかすこともなかった。風俗営業許可申請を出さなかったのも進次郎氏に迷惑をかけると思ったのでは?」(同)

 

 背景には、ライバル店のひがみやホストと客の間のトラブル説が浮上する一方、進次郎氏の“失脚狙い”を疑う声も。

 

「自民党内で進次郎氏の影響力が日増しに増大している。親戚が水商売関係という噂は以前からあり、進次郎氏のイメージダウンを狙った可能性もある」(永田町関係者)

 

 進次郎氏はいとこの逮捕に「とても残念。子供のころから兄弟のように一緒に育ってきた。罪を償って、早く立ち直ってほしい」と話した。