岸田氏 自民総裁選不出馬のウラで…やはりあるのか首相ポスト禅譲密約

2018年07月25日 17時00分

岸田文雄氏

 岸田文雄政調会長(60)が自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票めど)に不出馬宣言した舞台裏で、安倍晋三首相との禅譲“密約説”が改めて取りざたされている。

 同総裁選の出馬が有力視された岸田氏は24日に会見し、自身が会長を務める宏池会(48人)の意見を取りまとめ、安倍首相の3選支持を電撃表明した。報道陣から「それでは次の次の総裁選挙には立候補するのか」という質問を、岸田氏は「気の早い話だ」と一蹴した。

 現時点で安倍首相支持の同党派閥は、最大派閥の細田派、麻生太郎副総理兼財務大臣が会長の第2派閥の麻生派、二階俊博幹事長が率いる二階派とあわせ、4派閥となった。

 自民党関係者は「細田派、麻生派、二階派の所属議員で計200人を超える。自民党議員の約5割。これに岸田派が加わる。石破茂氏、野田聖子氏が立候補準備中ですが、安倍総理総裁が優位な状況。今後は地方票の行方次第です」と話す。

 岸田氏の不出馬の舞台裏では「宏池会はもともと派閥同士のケンカを嫌う。岸田さんは安倍首相から総理総裁ポストの禅譲を狙っているのではないか」(同党国会議員)と皮肉な声が上がった。

 安倍首相との6月の会食をめぐっては、総裁選後の人事で、自身の幹事長や官房長官の要請や打診のやりとりなど“密約”の有無についても会見で追及された。これに岸田氏は「全くありません。総理とは政策、そして政治の取り組み、あるべき政治について話をした。人事のやりとり、密約は全くなかった!」と語気を強め否定した。

 しかし、安倍首相と距離を置く同党議員は「岸田さんは禅譲“密約説”を否定したが、額面通り受け取る人は少ないだろう。安倍首相は、岸田さんに『来年の参院選で負けたら、岸田さんに禅譲する』と密約を交わし、岸田派の支持を取り付けた可能性がある」とみている。