加計問題巡り柳瀬氏を厳しく追及も蓮舫氏に古巣からは「厚顔無恥」の声

2018年05月11日 17時00分

蓮舫氏

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、地元愛媛県や今治市の担当者との面会を「記憶にない」としていた柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)の国会参考人招致が10日、実現した。2015年4月2日など計3回、首相官邸で加計学園関係者とは面会したことを明らかにした。

「本件は首相案件」と発言したとされる点について柳瀬氏は「首相との言葉は使わない。愛媛県文書の内容は私の伝えたかった趣旨と違っている」と否定。安倍晋三首相への報告や首相からの指示は「一切ない」とした。

 柳瀬氏は「特区戦略特区の関係で会った民間の方は加計学園だけ」と発言。野党は特区を活用した獣医学部新設が「加計ありき」で進められたと厳しく追及した。

 質問に立った立憲民主党の蓮舫氏は「あなたの記憶は自在になくしたり思い出したりするものなんですか」と迫ると、柳瀬氏は「当然、3年前の記憶だし、あいまいなものです。そうだったんだと思うこともある」と否定した。

 柳瀬氏は昨年7月の国会答弁以降「今治市や愛媛県の方と会った記憶はないし、加計学園やその関係者と会った記憶はある。一貫している」と主張すると、蓮舫氏は「一貫して加計学園の関係者と会っていると言っていない」と猛批判。「今治市の方と会ったのか?というから答えたのです」と返答した柳瀬氏に「聞かれてないから答えないのは不誠実」と激しく切り捨てた。その蓮舫氏といえば、昨年7月の東京都議選の大惨敗や“二重国籍”問題の説明不足で大ダメージを受け、旧民進党代表を辞任。その後、立民に入党した。

 蓮舫氏はツイッターで「質問する日は、夢の中でも質問を考える」と意気込んで臨んだが“古巣”の国民民主党の参院議員は「もう、うんざりした。自身の二重国籍問題のときは、記憶が二転三転し、民進党に大打撃を与えた。自在に忘れる能力は柳瀬氏より蓮舫氏の方が上。厚顔無恥にもほどがある」と吐き捨てた。