トヨタ「センチュリー」は日本のおもてなしを体現した車

2014年11月15日 09時01分

日産「フェアレディZ」と北沢氏

【日本が誇る名車とは?】名車レンタルサービス「Service X」で、懐かしの名車に乗ってみたので、取材後に北沢剛司氏(モータージャーナリスト)に「日本が世界に誇る名車とは何か?」を聞いてみた。

「67年に登場したトヨタの最高峰、センチュリーですね。VIPの快適性を考え、加速感が滑らかなV12エンジンを日本車で唯一搭載しています。企業ロゴがなく、鳳凰のエンブレムも非常に手間暇をかけて作られており、トヨタが採算度外視で作った伝統工芸品です。まさに日本のおもてなしを体現した車だと思います」

 センチュリーのメーカー希望小売価格は1253万8286円也…。いやいや、こんな超高級車は一般人には手が届かないし、買おうと思ったことすらありませんよ!

 そこで、1980年代~90年代初頭を彩り、一般人が憧れ、女の子と乗りたかったムフフな名車を選んでもらった。北沢氏の“名解説”つきでお楽しみあれ。<次のページへ>