風俗店は消費税増税でも値上げせず!

2019年09月30日 16時00分

 10月1日から消費税率が8%から10%になる。軽減税率やキャッシュレス決済によるポイント還元などで混乱が予想されているが、世の男性たちにとって風俗店の値上げの有無も気になるところだろう。

 風俗情報サイト「俺の旅」の生駒明編集長は「調べてみたところ、値上げしない店の方が多いですね。2014年に5%から8%になったときは1000円ほど値上げする店が続出しました。このときに客がドッと減り、痛い目にあっただけに、今回は値段を変えないという判断になったのでしょう」と解説した。

 生駒氏が値上げしないデリヘル店店長に聞いたところ「お客の数が多いときなら強気なこともできるが、今は忙しくない。値段を上げたらお客が離れてしまいかねない。値上げできるのは景気のいい店だけですよ」とこぼしていたという。

 消費税増税で世の中の多くのものが値上がりするので、客の財布のヒモはただでさえ固くなる。たとえ500円の値上げだとしても、客が来なくなるきっかけになり得る恐怖があるのだ。

「多くの店が『値上げしない』とホームページでもウリにしているほど。それだけで終わりじゃなく、最近のトレンドとして、安くて短時間で遊べるコースを作って、少しでも客を増やそうとしています」(生駒氏)

 賃金は上がらないけど税金は上がる昨今、それでもヌキたい風俗愛好家たちはショートコースに殺到しているのだとか。店側も15分4000円のようなコースを用意することで回転率を上げ、なんとか増税を乗り切ろうとしている。

「間違いなく客は減るので風俗店は守りを固める意識が強い。しばらく様子を見てから行動を決めると話す関係者は多い」(前同)

 値段据え置きは利用客にはうれしいことだが、もうちょっとのんびりしたい気もする。