私大生万引き集団「短期大学」の手口 ノウハウ共有し総額数千万円にも

2018年04月05日 17時00分

 警視庁少年事件課は4日、窃盗容疑で埼玉県川口市の私立大2年の男子学生(19)ら少年2人を逮捕したと発表した。逮捕容疑は1月8日午後2時ごろ、同県富士見市のスポーツ用品店でダウンジャケットなど2点(販売価格計約4万9000円)を盗んだ疑い。

 少年事件課によると、2人は「フリーマーケットアプリで高く売り、お金を稼ぎたかった」と容疑を認め、うち1人は、昨年春から49店舗で有名ブランド品約300点近くを盗んだといい、調べに「万引きしたものを売って370万円もうけた。その一部は将来のために銀行に預けた」と供述しているという。

 2人は高校の同級生で、昨年10月に別の大学生2人とLINEグループを作り、犯行の打ち合わせなどをしていた。

「万引きから、インターネットで売りさばいて稼ぐまでを短期間で行うことから、グループ名を『短期大学』とつけていた。狙う品物はネットで高価転売できるスポーツブランドや高級ブランド品の洋服、財布、帽子で、万引き防止タグを付けていない店など、店の情報も交換していたようだ」と捜査関係者。

 犯行場所は関東全域から、旅行先の大阪まで広範囲に及んだ。ノウハウを共有していた共犯者は他にもいるとみられ、犯行グループ全体で被害総額は数千万円になるとみられている。

 ブランド品販売店の関係者は「ひと昔前は不良グループが根性試しに手下に万引きをやらせたりしてましたが、品物は自分たちで使うか、高価なものを売りさばくといっても質屋くらいしかなかった。それが今は、一般人がネットで気軽に売れる時代。転売する目的で万引きして、カネもうけする手段になっている。店側としては防犯カメラの顔認識システムなど、詳しくは言えませんが、最新機器で様々な防御策をやっていますよ」と話している。