ロシア「富豪一家惨殺事件」愚かな長男が依頼した“殺し屋”の正体

2018年03月01日 17時00分

 鮮血を流しながら床に転がる男女の生々しい画像。これはロシアで起きた“一家惨殺事件の現場写真”だ。舞台となったのは、4年前に冬季五輪が行われ、今年FIFAワールドカップが行われるソチ。現地で学校などを経営する富豪一家の長男(22)が、財産を相続するために300万ルーブル(約570万円)で“殺し屋”を雇い、両親と妹(10)を消すことを命じた。

 画像は、その“殺し屋”が仕事完遂の証拠として、長男に見せた証拠写真。“殺し屋”のメルセデス・ベンツの中で、望み通り自分以外の家族が皆殺しにされたことを知った長男は、約束の報酬を渡そうとした。しかし“殺し屋”は受け取ることはなかった。実は“殺し屋”の正体は、おとり捜査の警察官だったのだ。長男は現場に張り込んでいた複数の警察官によって逮捕された。

 ロシア紙「マスコフスキー・コムサモーリッツ」などによると、数か月にわたって一家の殺害方法を思案していた長男は、インターネットなどで殺し屋を探していることを警察に検知されていた。殺し屋に扮した警察官が彼に接触。長男の両親にも事情を話し、冒頭の証拠写真でも両親が遺体を演じていたのだ。

 一方、相手が警察官とは、つゆとも知らない長男は“殺し屋”に防犯カメラや番犬を避ける方法を教えていたという。その後の取り調べで、長男は“殺し屋”を雇う前に、自身の手で両親を殺害しようと試みていたことも判明。彼は両親が使用するヤカンに毒を盛ったが、父親が異変に気付いて失敗。その後も、車の温度計に細工をして両親を水銀中毒で殺害することも計画していたという。

 長男は殺人教唆などの罪に問われれば、15年の懲役刑が下る可能性がある。動機について「両親が自分を理解しなかった。金をくれなかった」と語っているというが、いずれは自分のものになった財産の相続を急ぐあまり、罪を犯したのは愚かという他ない。