【女性放火殺人】被害者“金ヅル”化の末の凶行か

2018年02月21日 17時00分

 千葉県印西市で起きた放火殺人事件で新事実が判明した。全焼した民家から海老原よし子さん(55)の遺体が発見され、金崎大雅(20)、菅野弥久(みく=20)、仲内隼矢(20)、16歳少女の4容疑者が殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕された事件が波紋を広げている。

 海老原さんはこの家で一人暮らし。キーパーソンは海老原さんと土木関係の職場で一緒だった金崎容疑者と菅野容疑者だ。2人は交際しており、菅野容疑者は「親とケンカして家出した」と話し、海老原さん宅に身を寄せていたという。

「そこへ彼氏の金崎容疑者が合流。さらに1~2週間ほど前から、知人の仲内容疑者と16歳少女も加わった」とは捜査関係者。仲内容疑者と16歳の少女も交際関係にある。海老原さんの善意につけこみ4人は自宅を“占拠”。近隣住民によれば「それまで静かだった海老原さんの家から、深夜にもかかわらず、若い男女の大きな声が聞こえてくるようになった」という。

 また、菅野容疑者と事件前に電話で話した知人によると「“金ヅル”を見つけた」「50代の人」とこぼしていたという。

「4人は全員がほぼ家出状態で、軽自動車内で寝泊まりしていた。経済的に困窮しており、知人にガソリン代2000円を工面してもらったことも。海老原さん宅に転がり込み、徐々に乗っ取ろうとしていたのではないか」(前出捜査関係者)

 ところが、海老原さんと容疑者たちとの間で何らかの金銭トラブルが発生。逆上した一部の容疑者が海老原さんに殴る蹴るの暴行を加えた上、自宅に火をつけ、殺害した。

 警察の調べに一部の容疑者は「海老原さんを暴行し、灯油をかけて火をつけた」と供述。一方で「(海老原さんに)お金を取られた」「お金を返してくれないので腹が立った」という趣旨の説明をしている容疑者もいる。海老原さんと4人の関係性を考慮すると、うのみにはできない。4容疑者の供述には統一性がないという情報もあり、真の動機解明が急がれる。