米高校19歳乱射男 白人至上主義団体で訓練の過去

2018年02月16日 17時00分

 米南部フロリダ州パークランドの高校で14日起きた銃乱射事件で、地元の白人至上主義団体の指導者は15日、ニコラス・クルーズ容疑者(19)がこの団体に所属し、自警のための訓練をしていたと米メディアに明らかにした。同姓同名の人物が動画投稿サイト「ユーチューブ」に「プロの学校銃撃犯になる」と投稿していたことも連邦捜査局(FBI)の調べで分かった。

 容疑者はソーシャルメディアに自身が銃やナイフを持つ映像に加え「人を撃ちたい」とのコメントも投稿しており、捜査当局は動機の追及を進める。

 報道によると、白人至上主義団体「フロリダ共和国」の指導者ジョーダン・ジェレブ氏は、容疑者が自警訓練を受けるため同団体支部に所属していたと説明。「彼はかなり腕が立つ。(事件で)訓練を活用したのだろう」と語った。同団体はフロリダ州を「白人のみの国」にすることを目指しているという。

 FBIは、ユーチューブの投稿について昨年の時点で把握していたが、投稿した人物は特定できなかった。当時の対応に問題がなかったか内部調査を始めた。

 AP通信が報じた捜査情報によると、容疑者は犯行に使用した殺傷力の高いAR15型ライフル銃を約1年前に合法的に購入していた。

 トランプ大統領は15日演説し、犠牲者や家族に哀悼の意を表し「おぞましい暴力だ。無防備な生徒や教師が撃たれた」と非難する一方で、銃規制には言及しなかった。

 警察によると、今回の事件で17人が死亡、少なくとも14人が負傷した。

 米国ではフロリダ州を含め多くの州で成人年齢は18歳で、今回の事件はメディアも実名で報じ、写真を掲載している。