「漫画のヒーローみたい」警察もうなった痴漢逮捕劇

2013年01月31日 16時00分

 まさに白馬の騎士だ。滋賀県警草津署は27日までに、路上で女性に無理やりわいせつな行為をしたとして、清掃作業員稲田秀樹容疑者(52)を強制わいせつの現行犯で逮捕。被害者は通行人の若者らに救われた。


 逮捕容疑は25日午後8時20分ごろ、草津市内の路上で帰宅途中の女子大学生(20)を押し倒し、上からおおいかぶさって無理やり体中を触るなどのわいせつな行為をした疑い。


 女子大生は必死に抵抗して大声で叫び、通りかかった大学生松下周平さん(21)が聞きつけた。松下さんは「おっさん何しとんねん」と一喝し、稲田容疑者が襲いかかってくると柔道の払い腰で叩きつけ、袈裟固めの体勢で押さえ込んだ。その様子を見た宅配便の運転手が110番通報し、逮捕となった。


 同署広報担当者は「きちんと制圧しとる。こんな漫画の主人公みたいなヤツがおるんですね」と感心することしきり。松下さんは柔道の心得があるという。


 松下さんには警察から感謝状が出される見込みだ。それ以上に、即戦力として警察官にリクルートしてはどうか。


「腕っぷしが良いだけではね。性格も頭も良くなくてはいけない。ただし、正義感は100点満点だ」(同)


 松下さんと女子大生には面識がないそうだが、この事件を機に「今からつながるんちゃうか。彼氏さんがおるか知らないけど、いなかったらホレるんちゃうか」と同担当者。しかしながら、普通の男性にはここまでできない。110番通報するか、犯人を棒で叩くのがオススメだという。