【座間バラバラ遺体事件】白石容疑者にやはり共犯者? 近隣住民がみたホスト風男性の正体

2017年11月04日 17時00分

 神奈川県座間市のアパートから9人のバラバラ遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)の自宅周辺で足取りが途絶えた行方不明者がほかにも複数おり、余罪はまだあるとみられていることがわかった。

 白石容疑者は「全員、会った日に殺害した」と供述。8月に1人、9月に4人、10月に4人の死亡が判明しているが、ターゲットの選定から遺体処理までを短期間に1人で行えるものなのか。

 犯行が明るみに出て4日が経過し、近隣住民から再び“共犯者”の存在を思わせる重大証言も飛び出した。逮捕直後に近所の住人から、男3人でクーラーボックスのようなものを運ぶのを見たという証言が出たが、それとは別の目撃談だ。

 現場近くに住む男性は「8月下旬に(容疑者が)引っ越してきてから、とにかく人の出入りが多い家だなと思った。夜10時ごろだったり週末の朝方5~6時ごろに20代のチャラいホスト風の男と10~20代の茶髪ギャルが入っていくこともあったし、女の子が2人のこともあった。何度か見かけた女の子もいた」という。

 男性は「女の子が部屋を出ていくのも見た」というから、必ずしも“入ったら最期”ではなかったようだ。ホスト風の男は明らかに白石容疑者とは別人だったという。

「そのホスト風が女の子を連れてきたり、部屋の前でケータイをかけているのを何度か見ていたので、その男を住人だと思っていた。テレビに出ている容疑者とは全く違うタイプ」(同)

 9月上旬が“殺害部屋”への出入りのピーク。腐敗臭が漂い始めた以降は、部屋に入るなり殺害していたのか。ホスト風の男が、日に日に増える遺体に気付かないワケはない。

 部屋を借り、SNSで女性に接触し、部屋に入れて襲ったのは間違いなく白石容疑者。だが、いつも容疑者の近くで目撃されたこの男は何者なのか。4日の読売新聞では、白石容疑者の自宅に残された複数の女性の身分証明書などから遺体の9人中、8人の身元が特定される見通しとなったことが報じられたが、依然不可解な点は多い。