米国史上最悪のラスベガス乱射事件の衝撃

2017年10月03日 18時00分

SNSに投稿された事件現場の画像(ロイター)

 阿鼻叫喚の地獄絵図。カジノで有名な米ネバダ州ラスベガスの中心地で1日夜、米国史上最悪の銃撃事件が発生。少なくとも59人が死亡、527人以上が負傷した。容疑者はホテルの32階のテラスという警備の“盲点”から、地上の人々に向け自動小銃を無差別に乱射。短時間で1000発以上の銃弾を撃ち込んだとの情報もある。ホテルの部屋からライフル銃など10丁の銃が見つかったとも言われており、用意周到な犯行計画、ゲームのように殺人を楽しむ悪魔のような一面が垣間見える――。

 ダッダッダッダッダ!

 鳴りやまぬ銃声に悲鳴を上げる人々。足元には頭から噴水のように血を流し、倒れている人もいる。その様子をスマホで撮影しようとして撃たれた者も。戦場ならまだしも、これが世界有数の観光都市・ラスベガスの街中で起きたのだからたまらない。

 事件は1日の午後10時(日本時間2日午後2時)、ラスベガス中心部にある「マンダレイ・ベイ・ホテル」近くで行われていたカントリー音楽の祭典「ルート91ハーベスト・フェスティバル」の特設会場で起きた。現場には2万2000人以上が集まっていた。

 犯人は同ホテルの32階から、イベント会場に向け自動小銃を乱射。被弾した観客は次々と倒れ、現場は大パニックに陥った。その模様はツイッターなどに投稿され「キャ~ッ!」という女性の悲鳴や、逃げ惑う人々の姿、鳴りやんだかと思った銃声が再び聞こえる恐怖の瞬間などが確認できる。

 この乱射で少なくとも59人が死亡、527人が負傷。昨年6月にはフロリダ州のナイトクラブが襲われ49人が死亡しているが、米メディアは「米国史上最悪の銃乱射事件」と報じた。

 実行犯は白人の男、スティーブン・パドック容疑者(64)。ラスベガスから北東130キロの街メスキート在住で、先月28日から同ホテルに宿泊していた。過激派組織「イスラム国(IS)」が同容疑者は「ISの兵士」だと主張する声明を発表した。数か月前にイスラム教に改宗し、IS最高指導者の呼び掛けに応じたとしているが、信ぴょう性は不明。

 容疑者は警察が突入する前に自殺。室内にはライフル銃など少なくとも10丁の銃があったという。自宅からは銃18丁と爆発物、大量の銃弾が見つかった。

 犯罪心理学者の北芝健氏は「動機は分からないが、普通の精神状態ではない。一方で大量殺人を目的とした計画性が確認できる。50人以上の死者が出ていることから、(ライフルの)銃弾は22口径ではなく、より殺傷能力の高い38口径を使用したのではないか。イスラエルのサブマシンガン『ウージー』なんかを使えば、短時間で多くの人を殺すことができる」と指摘する。ISとの関連については否定的な見方を示す。

 一部では被害の状況から「犯人が1000発以上の銃弾を一気に使用した」という情報もある。事実なら、まさに戦争並みの大量殺りくだ。英国では5月に米歌手アリアナ・グランデのコンサート会場で自爆テロがあり、20人以上が犠牲になった。音楽ライブやスポーツ試合の会場では手荷物検査などが行われているが、屋外コンサート会場を見下ろす高層階は、相当なVIPが訪れるイベントでもない限りは警備の盲点といえる場所だ。

 警察は容疑者と行動を共にしていたとみられるアジア系女性を追っている。地元警察は2日、容疑者の交際相手が東京に滞在しているとみられると明らかにした。また容疑者は元会計士でギャンブルに熱中し、父親はFBI最重要手配の銀行強盗だったと報じられている。

 米国では銃乱射事件が繰り返されており、前出のフロリダの事件では、射殺された実行犯のオマール・マティーン容疑者(29=当時)はイラクからの帰還兵といわれ、事件の数か月前から幻聴などの症状を訴えていた。同容疑者の親族は「息子はイラク派遣で頭がおかしくなってしまった」と証言。今回のパドック容疑者も何らかの出来事が引き金となり、精神に支障をきたした可能性が高い。動機の解明が急がれる――。