草加の高校生カップル死傷 アニメで意気投合しいつも一緒…先輩少女と彼氏を刺した少年の復讐心

2017年09月06日 17時15分

 3日夜に埼玉県草加市のアパートで高校2年の男女が刃物で刺されて、西山康介さん(16)が亡くなった事件で、殺人などの容疑で逮捕された三郷市の高1の少年(15)が、現場となった少女宅の台所にあった包丁で2人の胸などを何度も執拗に刺したとみられることが5日、分かった。

 事件は3日午後11時40分ごろに発生。少女(16)、少女と交際していた西山さん、容疑者の少年の3人で三角関係をめぐって話し合いをしていたところ、逆上した少年が台所から包丁を取って2人を刺したとみられる。

 少女の姉からの通報で草加署員が駆け付けた際、室内で西山さんと少女が胸などから血を流して倒れていた。西山さんの死因は左胸を刺されたことによる失血死の可能性が高いという。近隣住民によると救急搬送される際、重傷の少女は救急隊員に「彼氏が…彼氏が…」と訴えて西山さんの安否を気遣っていた。

 少女と容疑者の少年は同じ学校の先輩・後輩。少年の同級生は「(少年は)パソコン系が得意なオタク気質で、髪の毛を青やオレンジなど派手な色に染めていた。自分から積極的に話しかけるタイプじゃないし、別学年とは接点もなく、(少女とは)SNSでつながったようです」と話す。

 別の学生は少女の印象を「いつもヘッドホンをして黒いマスクを着けていて、アニメ好きな感じがした。少年とはアニメか何かで意気投合したのだと思う」と言う。

 周囲は少女と少年が交際していたという話を聞いていないが、親密だったのは確かなようだ。

「いつも一緒で、2人で早引けしていた。ホームルームで先生の話が長引いて彼女を待たせることになった少年が『ちょっと、マジ早く帰りたいんすけど』と先生に盾突いたこともあった」と前出の同級生。

 だが、ほどなく少女と西山さんの交際が発覚したのだろう。「(少年は)6月あたりにはもう学校に来なくなってしまった」(同)という。
 片時も離れたくないほど好きだった少女が西山さんと仲を深めていたことを知り、少年は復讐心を募らせたのだろうか。県警は少年が繰り返し刺していることから強い殺意があったとみて捜査。

 一方で、現場にあった刃物を使っていることから、突発的に刺した可能性もあるとみて経緯を調べている。